借金があると就職活動に影響するの?

借金があると就職活動に影響するの?

気を付けろ

 

  • これから就職活動をする人
  • 今、就職活動をしている人
  • 転職をしようと考えている人

 

こういった人は、借金が就職に影響をするのかが気になるはずだ。

 

おっちゃんが就職や転職活動にキャッシングでの借金が影響するのかを説明していこう。

 

ひとことで言えば、「就職活動に影響はしない。」

 

さっそく就職活動中のキャッシングの影響について注意点なども含めて説明していくぞ。

 


就職活動に借金が影響しない理由

 

会社が人員の採用をするときに借金の情報を採用の判断に使っていいかのか?

 

これは、法律でダメだと定められているんだ。だから就職活動に借金は影響をしない。

 

では、借金の情報はどこにあるのか?ということだな。

 

それは、信用情報機関にある。

 

信用情報機関には、

 

  • あなたのクレジットカードの利用履歴、返済の履歴
  • キャッシングやカードローンの借入額、借り入れ履歴、返済履歴
  • 返済の事故情報(延滞・債務整理・自己破産)

 

などの情報が記録されている。

 

この情報を閲覧できれば、あなたのお金に関する情報が丸裸にされてしまうんだ。

 

そして、信用情報機関は、3つある。

 

3つの信用情報機関

信用情報機関名 主な情報
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 主に銀行が利用
シー・アイ・シー(CIC) 主にクレジットカード会社が利用
日本情報信用機構(JICC) 主に消費者金融系が利用

 

 

その中の1つ 「シー・アイ・シー」 の規約を抜粋してみたぞ。

 

  • 加盟会員=会社

 

と思ってほしい。

 

<罰則の適用>
加盟会員が上記の利用目的に違反して、DMの発送や社員採用試験の参考にするなどのためにCICの情報を利用したことが判明した場合、利用停止や加盟契約解除等の罰則を適用します。

 

会社の採用試験に借金の情報を利用してはいけないということだ。

 

おっちゃんが、就職活動に借金があることは影響しないといったのはこのためだ。

 

 

法律があったって、実際には調べられるんじゃないか?

 

そう考えて、安心できない人もいるだろう。

 

おっちゃんも借金をしているときに就職活動をして採用試験を受けたことがある。
だから調べたんだ。その時の知識をここに書いていこう。

 

 

信用情報は閲覧できない

 

借金の情報を確認できる場所は一つだけ。

 

それは、信用情報機関で借金の履歴を閲覧する方法だ。

 

借金の情報は、信用情報機関に集められているのはすでに伝えたとおりだ。

 

この信用情報を見れば、就職活動中のあなたがどれくらいの借金を抱えていて返済の状況がどうなっているのかをすべて把握できる。

 

借金のある就職や転職活動中の人は、絶対に見せたくない情報だろう。

 

だが、この個人信用情報は個人のお金についての情報なのでクレジットカード情報のように厳重に管理されているんだ。

 

だから、会社側が見たいと思ってもこうなる。

 

 

会社 : 〇〇さんの信用情報を見せてください。

 

 

信用情報 : 本人の許可なく情報を公開できません。

 

 

これは、家族の場合でも同じだ。
企業が採用者の個人情報を見たいと問合せをしても、本人の承諾がない限りは照会はできなんだ。

 

お金を貸す側のキャッシングサービスや消費者金融やクレジットカード会社は、
この信用情報機関に会員登録をしてあり審査を申し込んできた個人から閲覧する許可を取って初めて信用情報を見ることができるんだ。

 

 

 

絶対に信用情報は閲覧できないのか?

 

ただ、例外はある。

 

内定をもらった会社からの入社書類に、

 

  • 信用情報機関への開示請求書

 

というものが含まれていることがある。

 

信用情報機関への開示請求書があれば、会社はあなたの代理として信用情報機関に照会を掛けることができるんだ。

 

信用情報機関への開示請求書は、「自分の代わりに信用情報を見てもいいですよ。」の委任状となるからな。

 

この場合は、就職活動中のあなたの借金の履歴が分かってしまうので、あとは運を天に任せるしかないでしょう。

 

ただ、先ほど説明したように採用の判断に使ってはならないと書いてある。

 

しかし、採用する会社は、

 

  • 複数のキャッシングサービスからお金を借りている人
  • 多額のキャッシングをしている人
  • 延滞などをしてお金をルール通りに返済できていない人

 

こういった人を採用したくないと考えるのも事実だ。

 

なので、就職活動をして内定が決まり、「信用情報機関への開示請求書」の提示を求められたらあとはどうすることもできない。

 

どんな影響があるのか?おっちゃんも調べようがないことなんだ。

 

ただ、キャッシングは多くの人が利用をしている。
決められたルールを守って借入をして返済を行っていれば、クレジットカードを使って翌月に支払いをするのと何ら変わりがない。

 

悪いことをしているわけでも何でもないということを知っておいてほしい。
あなたの人間性には影響をするものではない。

 

通常の借金なら、特に採用に影響をすることはないと考えている。

 

 

 

最後に

 

おっちゃんは、借金があっても仕事に就けた。
そういった意味では、中小企業であればキャッシングの経歴をあまり気にすることはないだろう。

 

ただし、
金融機関や警備会社などは、お金を扱う仕事なので信用情報の調査が入る可能性が高いといる。

 

会社側に信用情報を見られるかどうかは、
信用情報機関への開示請求書へのサインを一つの目安にするといいだろう。

 

許可を得ていないと調査をできないので調査をする場合は、サインや印鑑を押すことになるはずだ。

 

初めてのキャッシング ユーザー申込みランキング

プロミス

プロミスの特徴

インターネット申込は24時間365日受付。WEBで契約なら最短1時間で振込での融資が可能。 土日祝日でもカード発行してもらいお金を引き出せる。指定の銀行口座を持っていれば24時間、口座振込でお金を借りられる。初めてプロミスを利用する人なら30日間無利息サービスが使える ※メールアドレスの登録とWeb明細利用登録をした人が対象


利率 4.5%〜17.8%円
評価 評価5
備考 プロミスは、金利が安くて、借りるまでが早い!

詳しくはこちら


SMBCモビット

SMBC モビットの特徴

職場や家族にバレたくないという人に最もおすすめ。Web完結申込なら、電話連絡なし・郵送物なし・カード発行なし。申込手続きはすべてネットで完結。来店不要で即日融資も可能。 ※当日のお借り入れをご希望の場合、申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱となる場合があり。
※Web完結の利用は、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行に普通口座を持っていることが条件。


利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価5
備考 バレずにお金を借りるなら、絶対SMBCモビットのWEB完結申込

詳しくはこちら


はじめてのアコム

アコムの特徴

審査回答まで最短で30分、融資まで最短1時間のスピードサービス。初めての利用なら、30日間無利息サービス。ネットで申込をすれば来店不要で即日融資が可能。楽天銀行に口座があれば原則24時間365日最短1分で現金振り込み。スマホアプリ「アコムナビ」なら借り入れから返済までお金を簡単に管理。

利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価4
備考 急にお金が必要になった人におすすめ

詳しくはこちら


わかってるアイフル

アイフルの特徴

1000円から借り入れができる。50万円までの借入なら収入証明書が不要。(他社から借り入れがない場合)。初めて利用の人なら最大30日間無利息審査は最短30分、最短1時間でカード発行から融資まで完了。全ての手続きがネットでできるから来店不要。主婦でもパート・アルバイトもOK、定期収入があれば借り入れできる!

利率 4.5%〜18.0%円
評価 評価4
備考 1万円からの少額の借入と女性やパート主婦におすすめ
アイフルのプラス情報

女性向けカードローン「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちらから ↓↓ アイフルのスラリ


詳しくはこちら


希望別 お金を借りる方法

バレずにお金借りる 即日 キャッシング
バレずにお金借りる 今すぐ お金借りたい
低金利で借りる 郵送物なし カードローン
安い金利 お金借りる 郵送物なしのキャッシング
無利息で借りる シニア向けカードローン
利息なしで借りる シニア向けキャッシング
おまとめローン 電話連絡なし
カードローン一本化 在籍確認なしのキャッシング