複数の会社からお金を借りれるの?

複数の会社からお金を借りられるの?

お金借りる

1社ではなく2社、3社からお金を借りたい人もいるだろう。おっちゃんも借入が複数のキャッシングになった過去がある。

 

あまり複数の会社からお金を借りるのお勧めできることではないが、お金が必要になってしまったら仕方がない。お金借りるさいに審査に通る方法も知りたいだろう。

 

結論から、教えよう。

複数の消費者金融/キャッシングでお金を借りることは可能だ。

2社から借りることもできるし、3社から借りることもできるということだ。

 

>> 2社目、3社目から借りるならここ!


お金借りる時に審査に通る方法とは

消費者金融でお金を借りたいと思ったときに審査にとおることができなければ何に意味もない。借入が複数の会社からになっていてお金を借りたい場合に、どうすれば審査に通りやすいのかをここで伝えておこう。簡単にまとめるぞ。

お金借りる時に審査に通る方法

なるべく少額の融資で申込をする。
申込をするのは1社のみにする。
ウソの申告をしない。(借入額や借入先)

これが、お金をかりる時の審査とおる方法といえる。これを意識するだけでも審査の通りやすさは変わってくるはずだ。
※年収の3分の1がキャッシングで融資を受けられる上限となるのでそこは意識をする必要があるぞ!

複数の消費者金融などの会社からお金を借りる方法

複数の消費者金融やキャッシングからお金を借りる方法は簡単なことなんだ。

 

複数のキャッシングサービスに申し込みをすればいいだけなんだ。

 

キャッシングの初心者は、1社から借りると2社、3社目と申し込みではいけないような気持になる。でもそんなことはないんだ。
貸す側も返済できる人であればお金を貸したいと思っている。お金を貸せば利息が付いて戻ってくるからだ。

 

なので、返済のできる金額の範囲であれば、2社目でも3社目でも審査は通るんだ。
2社目、3社目に審査の申込をしてはいけないという規則はないんだ。

 

では、複数から借入をする場合、いくらまで借りられるのかを説明していこう。

 

総量規制で借りる金額が決まっている

総量規制という言葉を聞いたことはないだろうか?総量規制は、お金を貸しすぎないようにするために定められた貸金業法の規則の一つになる。規則の内容は簡単だ。

年収の1/3以上の借り入れをすることはできない。

これだけは押さえておいてほしい。

 

総量規制というのは、キャッシングで借りるお金の総額に上限を設けている規制のことだ。具体的には、消費者金融/キャッシングサービスからの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができなくなるというルールだ。

 

1社から年収の1/3を借りていても、複数の会社から総額で1/3を借りていても総額は変わらず年収の1/3までというルールとなる。1社から借りようと複数の会社から借入れしようと年収300万円なのに120万円の融資枠が契約できないということなんだ。

 

年収の1/3を超える金額だからね。これで、自分がキャッシングやカードローンで借り入れできる金額がわかっただろう。年収300万円なら、100万円までしかお金は借りられないということだ。その代わり、総量規制の範囲の中なら、複数の会社から借り入れを行うことができるんだ。

 

では、複数の会社からキャッシングをするメリットとデメリットを説明していこう。

 

>> 2社目、3社目だけど借りたい!

複数の会社からお金を借りる時のデメリット

複数の会社から借り入れを行うことでデメリットも生じてしまう。どんなデメリットがあるのかといえば、この2つだろう。

  • 返済日が多くなる
  • 金利が高くなる

それぞれどんなデメリットなのかを説明していこう。

 

返済日が多くなる

返済日は借り入れをしている各会社に返済しなければならない。

 

そうすると、3社から借り入れをしていれば月に3回の返済をする必要があるということなんだ。

  • 返済日の管理がややこしくなる
  • 返済額の管理がややこしくなる

こういっためんどくさい一面がある。借り入れる先が多いほど返済の手間がかかりということなんだ。

 

金利が高くなる

これは、キャッシングをする人にとっては嫌なデメリットといえるだろう。

 

金利については、貸出金利法に基づいて

 

●貸出金利法に基づいて

借入枠 金利
10万円未満 年利 20% が上限
10万円 から 100万円未満 年利 18% が上限
100万円 以上 年利 15% が上限

という制限がかけられているんだ。この法律があるので借り入れる金額がまとまればまとまるほど金利が低くなっていくんだ。

 

同じ100万円を借り入れるのでも

50万円を2社から借りると・・・金利=18%
100万円を1社から借りると・・・金利=15%

こんな違いが出てくるんだ。

 

100万円を借りた場合毎月3%の金利の差が出るので年額にすると、利息に3万円ほどの差が出ることになる。複数社からの借り入れをすることでこういったデメリットも発生することを意識しておいてほしい。

複数の会社からお金を借りる時のメリット

複数の会社からキャッシングをすることで、考え方によってはメリットも生じる。

 

どんなメリットがあるのかといえば、

  • 1回の返済金額が少額になる

では、どんなメリットなのかを説明していこう。

 

1回の返済金額が少額になる

1社で高額な借り入れをすると返済も高額になってくる。毎月決まった日に高額の返済をしなければならない。

 

複数のキャッシングサービスから借り入れを行うことで返済日を増やすことができる。返済をする回数を増やして、1回ごとの返済額を少額に抑えることができる。

 

返済する金額自体が減ることはないが、こまめに少額を返済するという方法がいい人にはメリットといえるだろう。ただし、返済する金額が減るわけではないということは知っておく必要があるぞ。

注意してほしい申し込みブラックについて

最後に申込ブラックについて書いておこう。
複数の消費者金融からお金を借りたいと考えているのならここに書くことには注意をしてもらいたい。お金を借りたいという気持ちが先走って申込ブラックになりかねないからな。

 

あまり聞きなれない言葉かもしれないが、「申込ブラック」というものある。これは、おっちゃんそう呼んでいるだけなんだが。ようは、こんな感じだ。

複数のキャッシングサービスへの借り入れを短期間に申し込むと
一定の期間 審査に通らなくなるということが起こる。

複数の会社に申込をするとというのは、お金を貸す側の立場になって考えれば、わかることなんだが・・・・。

 

A社に50万円貸してください。
B社にも50万円貸してください。

 

と言って回っているわけだな。

 

1社にまとめて100万貸してくださいといえばいいのになぜ?となるわけだ。申し込み情報は、消費者金融同士で筒抜けになっているんだぞ。

 

お金を貸す側は、

  • 収入を証明できないのか?
  • なんで高い金利で借り入れをするのか?

いろんな疑問が出てくるだろう。そういったお金を返せないかもしれない人には、お金を貸したくないというのが本音なんだ。だから、審査が通らないように一時的にブラックリスト化をしていると言われている。

 

複数の会社から借り入れを行うことはルール上はなんの問題ないんだが、できるなら1社からまとまった金額で借り入れを行う。又は、時間をおいて2社目、3社目の申込をするようにしてほしい。

 

申込ブラックになると闇金や街金といわれる金融業者からお金の借入をしようとする人がいる。だがこれはやめてほしい。違法な高金利でお金を貸す闇金などの金融業者からお金を借りてしまうと返済ができなくなることが多い。それは利息が高すぎるからだ。このサイトでおっちゃんが紹介しているキャッシングサービスは安心して借りてもらえるサービスだけを厳選しているので安心して利用してもらって大丈夫だ。

銀行ローン と キャッシング の違い

 

だれでも

  • 銀行ローン
  • キャッシング

この言葉を聞いたことはあるはずだ。

 

銀行ローンとキャッシングの違いは分かるかな?この違いを知らないと複数の会社からキャッシングをすることはむつかしいかもしれないぞ。

 

銀行ローンは、

銀行のローン = 住宅ローン・自動車ローンなど

 

キャッシングは、

 キャッシング = 消費者金融からの借り入れ
          クレジットカードのキャッシング枠

となるんだ。

 

「銀行ローン」 と 「キャッシング」 は、しっかりと区別されている。総量規制という法律があるが、これは年収の1/3までしかお金を貸してはならないというルールとなっている。

 

この年収の1/3というのは、キャッシングでお金を借りた場合のことを指しているんだ。

 

重要

 

だから、銀行ローンについては、総量規制の対象にはならないということなんだ。

 

例えば、年収が600万円あるとしよう。その人がキャッシングでお金を借りられるのは200万円が上限となる。

 

でも、それとは別に銀行ローンを2000万円で組んでいるということもあるということなんだ。

 

ただし、キャッシングでの借り入れがあれば、高額の銀行ローンは組みにくくなりるのでその点は意識をしておいたほうがいい。

 

キャッシングですぐ借りる

既に何社かでお金を借りていても今すぐにキャッシングでお金を借りたい人も居るだろう。

 

その場合、ポイントになるのは

  • 全部の借入を合わせて借入の合計額が100万以内であること
  • 50万円以内の借入の申込みでお金を借りること

この2つになるんだ。

 

基本的に、2社3社とお金を借りている場合、借入の合計額が100万円を超えていると即日での融資でお金を借りにくくなるんだ。50万円を超える借り入れ申込をする場合も同じでキャッシングですぐに借りるのはむつかしくなるんだ。

 

100万円のお金を借りている。50万円以上の借入をしたい。という場合には、収入証明書を確実に準備してほしい。一番信用があるのは源泉徴収票といわれている。でも手元にない時には発行に時間がかかるので即日で今すぐにお金を借りたい人には厳しい条件となってしまう。

 

キャッシングですぐにお金を借りたいと思っている人は、源泉徴収票・給与明細などをしっかりと保管しておくことを進める。

初めてのキャッシング ユーザー申込みランキング

プロミス

プロミスの特徴

インターネット申込は24時間365日受付。WEBで契約なら最短1時間で振込での融資が可能。 土日祝日でもカード発行してもらいお金を引き出せる。指定の銀行口座を持っていれば24時間、口座振込でお金を借りられる。初めてプロミスを利用する人なら30日間無利息サービスが使える ※メールアドレスの登録とWeb明細利用登録をした人が対象


利率 4.5%〜17.8%円
評価 評価5
備考 プロミスは、金利が安くて、借りるまでが早い!

詳しくはこちら


SMBCモビット

SMBC モビットの特徴

職場や家族にバレたくないという人に最もおすすめ。Web完結申込なら、電話連絡なし・郵送物なし・カード発行なし。申込手続きはすべてネットで完結。来店不要で即日融資も可能。 ※当日のお借り入れをご希望の場合、申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱となる場合があり。
※Web完結の利用は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通口座を持っていることが条件。


利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価5
備考 バレずにお金を借りるなら、絶対SMBCモビットのWEB完結申込

詳しくはこちら


はじめてのアコム

アコムの特徴

審査回答まで最短で30分、融資まで最短1時間のスピードサービス。初めての利用なら、30日間無利息サービス。ネットで申込をすれば来店不要で即日融資が可能。楽天銀行に口座があれば原則24時間365日最短1分で現金振り込み。スマホアプリ「アコムナビ」なら借り入れから返済までお金を簡単に管理。

利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価4
備考 急にお金が必要になった人におすすめ

詳しくはこちら


わかってるアイフル

アイフルの特徴

1000円から借り入れができる。50万円までの借入なら収入証明書が不要。(他社から借り入れがない場合)。初めて利用の人なら最大30日間無利息審査は最短30分、最短1時間でカード発行から融資まで完了。全ての手続きがネットでできるから来店不要。主婦でもパート・アルバイトもOK、定期収入があれば借り入れできる!

利率 4.5%〜18.0%円
評価 評価4
備考 1万円からの少額の借入と女性やパート主婦におすすめ
アイフルのプラス情報

女性向けカードローン「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちらから ↓↓ アイフルのスラリ


詳しくはこちら


レレレイク

新生銀行カードローン レイクの特徴

銀行なので安心。初めてレイクを利用する人なら、最長180日間の無利息サービス(5万円分のみ)、5万円までの少額を借入れなら半年間の無利息サービス。女性専用窓口があるので女性でも安心。定期収入のあるパートやアルバイトでも申し込みができます。

利率 4.5%〜18.0%円
評価 評価4
備考 銀行だから安心!選べる2つの無利息サービスがおすすめ

詳しくはこちら


希望別 お金を借りる方法

バレずにお金借りる 即日 キャッシング
バレずにお金借りる 今すぐ お金借りたい
低金利で借りる 郵送物なし カードローン
安い金利 お金借りる 郵送物なしのキャッシング
無利息で借りる シニア向けカードローン
利息なしで借りる シニア向けキャッシング
おまとめローン 電話連絡なし
カードローン一本化 在籍確認なしのキャッシング