まとまった金額を借りたい場合

まとまった金額を借りる方法

お金借りる

まとまった金額といっても人それぞれなんだ。

 

10万円から100万円くらいが通常の借入額だと思う。
でも、200万円、300万円それ以上の高額な借り入れがしたい人もいるはずだ。

 

まとまった金額を借りたいと思ったときにどうすれば、キャッシングやカードローンでお金借りられるのかをいいのかを金額別に説明しようと思う。

 

 

10万から50万円のまとまったお金を借りたい

10万円から50万円までの金額を借り入れしたいのなら話は簡単だ。毎月の収入がある20歳以上の人であればすぐにキャッシングやカードローンに申込んでほしい。
消費者金融で審査を受ければ50万円までの金額なら借りれると考えていい。

 

まとまった金額とはいえ50万円までの借入なら収入証明書の提出も不要でお金を貸してくれることが多い。もし、お金が必要という場合にはキャッシングで申込をすることを進めるぞ。
無利息期間があるサービスや金利のことを考えて選ぶといいだろう。おすすめはプロミスだ。

 

>> 50万円までの借入におすすめ!

 

50万円から100万円のまとまった金額を借りる

カードローンで50万円以上の金額を借りたい人のポイントは2つだ。

 

  • 収入証明書を準備する必要がある。
  • 年収が300万円程度必要。

 

100万円ほどの金額を借りたいのなら、収入証明書を用意してほしい。これは絶対に必要になる。
収入を証明する書類を書き出しておいた参考にしてほしい。

 

収入を証明する書類一覧
一覧にある書類のコピーや画像の提出が必要になります。原本を提出する必要はありません。

源泉徴収票 勤務先の会社で年明けに発行される源泉徴収票
給与明細書 給与明細の直近2ヶ月分を提出することが多い。地方税(住民税)の記載があるば年間通して給与があることの証明になる。賞与の明細もあると審査に有利だぞ。
住民税決定通知書、納税通知書 住民税決定通知書は毎年6月頃お勤め先を通じて届く市区町村発行の『特別徴収税額の決定・変更通知書』など
確定申告書 自営業者のひとは確定申告書がいいだろう。税務署受付印または税理士印があるものにすること。もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるものを用意しよう
青色申告決算書 こちらも自営業者向けとなる。税務署受付印または税理士印があるものにすること。もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるものを用意しよう
所得証明書 市区町村役場にて発行のもの。もよりの役所で発行の申請をすれば手に入る。
年金証書、年金通知書 収入が年金のみで申し込めるサービスと申し込めないサービスがあります。

 

収入証明書が準備できたら、自分の年収が300万円あるかを考えてほしい。キャッシングやカードローンでは年収の1/3までの金額までしか借りられないのが常識となっている。
年収が300万円ないと1/3の100万円は借りられないんだ。

 

パートやアルバイトでは年収300万円は厳しいだろう。契約社員や正社員で働いていないと100万円の融資はむつかしいということになる。

 

>> 100万円までの借入におすすめ!

 

100万円以上の高額借入をしたい

 

100万円以上のまとまったお金を借りたいと思ったら、高額な年収が必要になってくる。仮に年収が1200万円あれば1/3の400万円までキャッシングやカードローンで融資を受けられることになる。それだけの高額な借金をしても返済ができるとみなされるわけだ。

 

まとまった金額を借金した時のメリットは、金利が低くなることだろう。消費者金融での借り入れの際には高額な借り入れになればそれに合わせて金利は低くなっていくんだ。100万円を借りた場合には通常、15%の金利で借り入れができるんだ。これは知っておいてほしい。

 

100万円以上の借入の場合もパートやアルバイトでは年収が足りないはずだ。その場合は、50万円までの借入に抑えることをお勧めする。

 

 

高額の借金希望の時には総量規制の壁がある

 

総量規制という言葉を聞いたことがあると思う。
プロミスやSMBCモビットやアイフルなどのキャッシングサービスの場合、総量規制という制限がある。この制限は年収の1/3までしかお金を貸してはいけないとという決まりがあるんだ。だから、年収450万円の人が300万円を借りたいといっても借りることはできない。450万円の年収なら150万円までしか借りられないということなんだ。

 

しかし、この総量規制に縛られないフリーローンが存在する。

 

それは、銀行が提供しているカードローンというサービスだ。

 

いわゆる銀行系カードローンだ。

 

このサービスは、年収の1/3という制限がかからないため、年収が450万円でも300万円の借り入れをすることができる。

 

とはいえ、審査が必要なので必ず借りられるわけではない。
フリーローンではあるが、当然お金の使い道を確認されるのでる優を用意しておく必要がある。
住宅購入の頭金だとか、車の購入資金や子供の学校への入学資金などになるだろう。

 

複数のキャッシングサービスから、お金を借りている人は審査に通りにくくなるので年収の1/3以上お金を借りたいから銀行系のカードローンを利用するというのはあまりお勧めできない。銀行系カードローンも審査を行うのであなたの借り入れ状況は確認をすることになる。

 

複数の会社からキャッシングをしていて金利が高く返済に困っているのならおまとめローンなどの相談をするといいだろう。
理由がはっきりとしているのなら借り入れも行いやすくなる。

 

おっちゃんもまとまった金額を1社から借りる契約をして返済をしたことがある。
おまとめローンというやつだ。
この時は、借りたお金で他社を返済するので高額な借り入れにすることで金利を下げてもらって苦しい返済から解放された経験がある。

 

高額なお金を借りると基本的には金利は下がっていく。
その仕組みを上手く利用して無理のない借り入れを行ってほしい。


初めてのキャッシング ユーザー申込みランキング

プロミス

プロミスの特徴

インターネット申込は24時間365日受付。WEBで契約なら最短1時間で振込での融資が可能。 土日祝日でもカード発行してもらいお金を引き出せる。指定の銀行口座を持っていれば24時間、口座振込でお金を借りられる。初めてプロミスを利用する人なら30日間無利息サービスが使える ※メールアドレスの登録とWeb明細利用登録をした人が対象


利率 4.5%〜17.8%円
評価 評価5
備考 プロミスは、金利が安くて、借りるまでが早い!

詳しくはこちら


SMBCモビット

SMBC モビットの特徴

職場や家族にバレたくないという人に最もおすすめ。Web完結申込なら、電話連絡なし・郵送物なし・カード発行なし。申込手続きはすべてネットで完結。来店不要で即日融資も可能。 ※当日のお借り入れをご希望の場合、申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱となる場合があり。
※Web完結の利用は、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行に普通口座を持っていることが条件。


利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価5
備考 バレずにお金を借りるなら、絶対SMBCモビットのWEB完結申込

詳しくはこちら


はじめてのアコム

アコムの特徴

審査回答まで最短で30分、融資まで最短1時間のスピードサービス。初めての利用なら、30日間無利息サービス。ネットで申込をすれば来店不要で即日融資が可能。楽天銀行に口座があれば原則24時間365日最短1分で現金振り込み。スマホアプリ「アコムナビ」なら借り入れから返済までお金を簡単に管理。

利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価4
備考 急にお金が必要になった人におすすめ

詳しくはこちら


わかってるアイフル

アイフルの特徴

1000円から借り入れができる。50万円までの借入なら収入証明書が不要。(他社から借り入れがない場合)。初めて利用の人なら最大30日間無利息審査は最短30分、最短1時間でカード発行から融資まで完了。全ての手続きがネットでできるから来店不要。主婦でもパート・アルバイトもOK、定期収入があれば借り入れできる!

利率 4.5%〜18.0%円
評価 評価4
備考 1万円からの少額の借入と女性やパート主婦におすすめ
アイフルのプラス情報

女性向けカードローン「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちらから ↓↓ アイフルのスラリ


詳しくはこちら


希望別 お金を借りる方法

バレずにお金借りる 即日 キャッシング
バレずにお金借りる 今すぐ お金借りたい
低金利で借りる 郵送物なし カードローン
安い金利 お金借りる 郵送物なしのキャッシング
無利息で借りる シニア向けカードローン
利息なしで借りる シニア向けキャッシング
おまとめローン 電話連絡なし
カードローン一本化 在籍確認なしのキャッシング