なぜ消費者金融は金利が高いの?

なぜ消費者金融の金利は高いのか?

お金借りる

消費者金融のキャッシングサービスの金利・利率は正直いって高いと感じていると思う。

 

銀行なら2%〜3%という金利でお金を貸してくれる場合もあるからな。それに比べると消費者金融の15%とか20%などの金利は異常に金利が高いようにも感じるかもしれない。

 

でもこれは仕方がない。保証人なしで即日で50万円を貸してくれるような銀行はないんだ。
住宅の購入や高校や大学の学費であれば事前にお金を工面をするだろう。そういった場合は、銀行などでローンを組む。そして、金利も安い。

 

生活費が足りないとか10万円程度の急な出費の場合には、今すぐにお金を借りたいとなる。審査も30分程度と短いし保証人もいないわけで貸したお金が返ってこない場合のことを考えれば、金利は高くなってしまうんだ。これは、仕方がないことだろう。

 

>>消費者金融でお金を借りたい!

 

消費者金融の金利は決まっている

なぜこんな高い金利になってしまうのか、それは消費者金融・キャッシングでお金を借りるときには法律で金利が決まっているからなんだ。

 

ちなみに法律では、このように貸出金利・利率は決まっているんだ。それを決めているのが利息制限法だ。

 

消費者金融の上限金利

借入金額 利率/年
100万円以上 年15%
10万円以上100万円未満 年18%
10万円未満 年20%

 

消費者金融の上限金利というのは、この金利までならとってもいいという金利なんだ。反対にこれ以上の金利を取ってはいけないという制限にもなる。

 

電車の中刷り消費者金融の広告などには、金利4.5%〜20%なんて書いてあったりするけど4.5%の金利で借りられることはないんだ。それは、消費者金融の上限金利が15%以上になっているからなんだ。

 

しっかり、金額に応じて表にある上限の金利で貸し付けることが多い。はっきり言えば、間違いなく上限金利での契約をさせられる。

 

では、なぜ高い金利になってしまうのか?がきになるところだな。

 

金利が高くなる理由

 

それは、最もリスクの高い個人に対してお金を貸しているからなんだな。

 

ちょっと詳しく説明しようか。

 

 ・個人は、リストラもされるな。
 ・病気で働けなるかもしれない。
 ・事故にあって命を落とすかもしれない。
 ・いつ仕事がなくなってもおかしくないフリーターだっている。

 

こういった個人にお金を貸すのが消費者金融やキャッシングというサービスなんだな。

 

消費者金融も「もしかしてお金が返ってこないんじゃないか?」というリスクを抱えているわけだ。

 

会社であれば、従業員が一人働けなくなっても会社は何事も無く動いていくからな。
会社にお金を貸していれば、簡単には「お金を返せません」なんてならない。だから銀行は、安い金利で多額のお金を貸し出すんだ。

 

でも、個人はそうではないだろ。その人が何かしらの原因で働けなくなったら、お金を貸した側はお金を返してもらえなくなるわけ。

 

これが、消費者金融のリスクなんだな。

 

消費者金融のリスクとは、

金利をつけてお金を回収できなくなること!

基本お金に困っている人に貸すし、審査もスピーディーだし、結構すんなり貸してくれる。

 

その分、

借りましたが、お金を返せなくなりました。

という人も出てくる可能性が高いわけなんだ。滅茶苦茶な話だな。

 

まじめに返していく人もいるけど、実際には「破産します。」って宣言をする人もいるわけだから。
いわゆる、自己破産などの債務整理をする人たちだな。

 

自己破産をしたら、債務(返さなければならないお金)はリセットされて、貸してあるお金が「チャラ」という扱いになる。
だから、消費者金融からすれば貸した金額をまるまる踏み倒されたことになるんだ。

 

一言で言えば、

個人にお金を貸していると貸したのに返さないやつがたくさんいる

ってことだ。

 

だから、消費者金融は、返せなくなる人も一定の割合でいることも想定するだろ。会社として損をしないような金利でお金を貸し出すことになる。

 

だから、利息制限法の上限金利でお金を貸すことになる。

借入金額 利率/年
100万円以上 年15%
10万円以上100万円未満 年18%
10万円未満 年20%

 

たぶん消費者金融側から言ったら、決して高い金利ではないとおもっているはずだな。

 

電車の広告では、4%とか7%〜なんて書いてあっても実際に借りると貸出利率15%〜20%という金利が付くことになりる。こうしないと消費者金融も商売だから成立しないんだ。ようは、返してもらえないやつが一定の割合で出てきてもちゃんと会社として損をしないように利率を引きあがているわけだな。

 

なので、銀行のローンよりもずっと金利が高い。

 

でも、金利が高い分、最短で30分といった審査でお金を借りられる

 

金利が高ければ、審査は甘くもできるということだな。

 

>>消費者金融でお金を借りたい!


上限金利について

キャッシングの金利については、貸金業法で上限となる金利が決まっているんだよね。

 

これくらいの金額を借りたら、金利はこれ以下!っていうのが決まっている。借り入れる金額に応じて上限金利が決まっているわけだ。

 

一昔前は、借りたが最後。返済を出来ないくらいの利息が付いて破産してしまう。そんなイメージがあった時期もある。
実際に自己破産をする人が多かった時期もあって、法改正がされたんだ。法改正後は、金利の上限も決められて安心してお金を借りられるようになっている。

 

現在の金利を詳細に書くとこういうこと。

貸金業法で定められた上限金利(年利)

 

 ・10万円未満・・・・・・・・・・・20%
 ・10万円以上 100万円未満・・・18%
 ・100万円以上・・・・・・・・・・15%

借金親父

これ以上の金利を請求すると法律違反となるんだな。

法外な金利でお金を貸しているということになるので、お金を貸した側が罰せられる。

 

ちなみに、借りた側(お客さん)が罰せられることは無いので安心して。

 

罰せられると営業停止ということも考えられるので、まともな消費者金融は貸金業法で定められている以上の金利でお金を貸すことはしない。

 

金利20%を超えるような金利を提示してくるところは、闇金といって無許可で金貸し行をしている会社になるんだ。

 

借りたが最後、金利29.2%だった話

 

一昔前は、29.2%という金利が設定されることもあったんだ。

 

この金利29.2%で借り入れた人が、利息と元金の返済が追いつかなくなった結果、多重債務に陥って自己破産をする人が続出したんだな。

 

自己破産をする人が続出したことで、社会問題にまで発展したんだ。その結果、貸金業法が改正されることになったんだな。
貸金業法は、平成18年12月に、国会で全会一致で可決・成立して、平成22年6月18日に、完全施行された法律になる。

 

グレーゾーン金利という言葉を聞いたことはありませんか?

 

グレーゾーン金利は、お金を貸すにあたって、2つの法律が混在していたことで起こった現象なんだ。

混在していた法律というのはこの2つの法律。

 

 ・利息制限法の上限金利(超過すると民事上無効): 貸付額に応じ15%〜20%
 ・出資法の上限金利(超過すると刑事罰)    : 改正前は29.2%

 

この2つを合わせて都合よく解釈すると・・

 

金利は、15%〜29.2%

 

ということになるんだな。

 

それで、29.2%でお金を貸す会社が多かったんだ。これって年30%ちかい金利だから非常に高い金利!!

 

100万円借りたら、1年後には借金が130万円になっているってことだからな。お金に困って借りている人にとっては、雪だるま式に借金が増えていってしまう金利といえる。

 

この29.2%という金利も多重債務者を生み出し自己破産をする人を増やしてしまった原因の一つだったんだ。だから、29.2%とされていた出資法の上限金利が20%に引き下げられた。

 

これによってグレーゾーン金利が撤廃されたんだな。

 

そして今は、

 

 貸付額に応じて金利15%〜20%

 

と法で定められたんだ。

 

このことを知っていれば、法外に高い金利でお金を借りことはないはず。
金利20%以上での契約を求められたら「おかしいぞ?」と思ってくれ。

 

15%〜20%の金利を守っているところは貸金業者として登録がされている会社と思っていい。
いわゆる、登録貸金業者 だな。

 

登録貸金業者をしてある会社もあれば、そうでない会社もある。

 

まともな会社とそうではない、闇金といわれる会社だな。

 

それによって法律から外れた金利を請求したりするのでいろんな金利があるように見えるかもしれないね。

 

CMで流れるご利用は計画的にと言っている会社はまともな会社だ。節度を持って借り入れる分には問題はない。

初めてのキャッシング ユーザー申込みランキング

プロミス

プロミスの特徴

インターネット申込は24時間365日受付。WEBで契約なら最短1時間で振込での融資が可能。 土日祝日でもカード発行してもらいお金を引き出せる。指定の銀行口座を持っていれば24時間、口座振込でお金を借りられる。初めてプロミスを利用する人なら30日間無利息サービスが使える ※メールアドレスの登録とWeb明細利用登録をした人が対象


利率 4.5%〜17.8%円
評価 評価5
備考 プロミスは、金利が安くて、借りるまでが早い!

詳しくはこちら


SMBCモビット

SMBC モビットの特徴

職場や家族にバレたくないという人に最もおすすめ。Web完結申込なら、電話連絡なし・郵送物なし・カード発行なし。申込手続きはすべてネットで完結。来店不要で即日融資も可能。 ※当日のお借り入れをご希望の場合、申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱となる場合があり。
※Web完結の利用は、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行に普通口座を持っていることが条件。


利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価5
備考 バレずにお金を借りるなら、絶対SMBCモビットのWEB完結申込

詳しくはこちら


はじめてのアコム

アコムの特徴

審査回答まで最短で30分、融資まで最短1時間のスピードサービス。初めての利用なら、30日間無利息サービス。ネットで申込をすれば来店不要で即日融資が可能。楽天銀行に口座があれば原則24時間365日最短1分で現金振り込み。スマホアプリ「アコムナビ」なら借り入れから返済までお金を簡単に管理。

利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価4
備考 急にお金が必要になった人におすすめ

詳しくはこちら


わかってるアイフル

アイフルの特徴

1000円から借り入れができる。50万円までの借入なら収入証明書が不要。(他社から借り入れがない場合)。初めて利用の人なら最大30日間無利息審査は最短30分、最短1時間でカード発行から融資まで完了。全ての手続きがネットでできるから来店不要。主婦でもパート・アルバイトもOK、定期収入があれば借り入れできる!

利率 4.5%〜18.0%円
評価 評価4
備考 1万円からの少額の借入と女性やパート主婦におすすめ
アイフルのプラス情報

女性向けカードローン「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちらから ↓↓ アイフルのスラリ


詳しくはこちら


希望別 お金を借りる方法

バレずにお金借りる 即日 キャッシング
バレずにお金借りる 今すぐ お金借りたい
低金利で借りる 郵送物なし カードローン
安い金利 お金借りる 郵送物なしのキャッシング
無利息で借りる シニア向けカードローン
利息なしで借りる シニア向けキャッシング
おまとめローン 電話連絡なし
カードローン一本化 在籍確認なしのキャッシング