おまとめローンとキャッシングって違うの?

おまとめローンとキャッシングの違いとは?

お金借りる

お金を借りるにもいろんなサービスや呼び方があって正直ややこしい。

 

おっちゃんくらい借金の達人になると区別がつくんだが、借金初心者は悩ましいだろう。

  • おまとめローン
  • キャッシング
  • カードローン

いろいろな金融言葉が氾濫していのでちょっと整理をしてみよう。

 

これを読めば、おまとめローンとキャッシングとカードローンの違いが分かるようになるはずだ!


「キャッシング」 と 「おまとめローン」

まずは、

  • おまとめローン
  • キャッシング

この2つの違いがわかるようになってほしい。キャッシングってなにか?説明していくぞ。

 

これは消費者金融またはクレジットカードのキャッシング機能でお金を借りることだと思ってくれ。

あなた  「50万円まで借金できる口座を開いてください。」
貸し主 「審査OKだから、いいよ。」

 

すごく簡単だがこれで、自由にお金を引き出して使えるようになる。借金ではあるが・・・。これがキャッシングだ。

 

次におまとめローンだ。複数の消費者金融からの借金を、借り換えることによって借金を一本化する方法のことなんだ。

あなた  「4社からキャッシングをして首が回らないんですけど。」
貸し主  「それはお困りでしょう。審査OKだから、200万円貸してあげる。」
    「これで、借りたお金を返済してきなさい。」

 

重要

200万円などのまとまったお金を1社から低い金利で貸してもらうんだ。

 

その代わり、4社には借りた200万円ですぐに返済をすることになる。

 

こうして、4社に分かれていたキャッシングの借金を全額返済して、おまとめローンに借金を一本化する。

 

おまとめローンだけを毎月返済していくという方法なんだ。これがおまとめローン。おまとめキャッシングといってもいい。

 

おまとめローンにすることで複数の貸金業者からの借り入れを一本化することができる。いわゆる借り換えだな。

 

>>おまとめローンをしたいならここ!

「銀行系」 と 「消費者金融系」 のおまとめローン

おまとめローンにも

  • 銀行系 おまとめローン
  • 消費者金融系 おまとめローン

の2種類があるんだ。それぞれに特徴があるのでおっちゃんが説明をしていこう。

銀行系のおまとめローン

審査が厳しい

銀行借入れになるので審査はどうしても厳しくなる。その代り総量規制(年収の1/3までの借り入れ)が適用されないぞ。

借入額の上限が高い

総量規制(年収の1/3までの借り入れ)が適用されないので、200万円・300万円という金額でも審査次第で借り入れができるんだ。

金利が安め

銀行系だから、審査結果によって金利が決まってくるんだ。貸金業法で定められている15%〜20%の金利を大きく下回ることも可能なんだ。金利が低くなるかどうかは、借りる側の条件によるがな。

消費者金融系

審査が通りやすい

審査は銀行系と比べて比較的通りやすいぞ。申込から融資までの時間が短いのも特徴といえる。

借入額は年収の1/3まで

総量規制(年収の1/3までの借り入れ)が適用されますので、年収300万円であれば100万円までの借り入れが上限となる。年収の1/3を超える借り入れはできないんだ。

金利が高い

金利が低く提示される可能性はありんだが、基本的には貸金業法の15%〜20%が適用されると考えたほうがいいだろう。それでも借入先を1っ本化することで金利は下がることが多いぞ。

銀行系と消費者金融系のおまとめローンでは、こういった違いがあるんだ。借金の完済を目指すなら、銀行系のおまとめローンがお勧めと言える。

 

では、次におまとめローンで借金を一本化することでのメリットを説明していこう。

まとめローンで借金を一本化することのメリット

おまとめローンで借金を一本化した時にはいろいろなメリットがある。
すでに説明したことも含まれるがおまとめローンをした時のメリットを説明していこう。

チェックや

 

  • 金利が下がることがある
  • 返済日が統一される
  • 返済が一本化する
  • 毎月の返済額が減る
  • ブラックリストにはならない

 

おまとめローンにすることで、こんなにメリットがあるんだ。おまとめローンは、債務の整理をするわけではないので、ブラックリストとなって信用情報に傷がつくようなこともないんだ。

 

それでは、それぞれのメリットをもう少し詳しく説明していこう。

 

金利が下がることがある

金利が下がることがあると微妙な書き方をさせてもらった。なぜなら、必ず金利が下がるわけではないからだ。

 

しかし、大きな金額を借り入れると金利は下がる傾向にあるのは確かだ。おまとめローンを使う人は、複数の業者から借金をしているはずなので100万円以上の借り入れをしていることが少なくない。

 

おっちゃんも120万円くらいの借金を抱えたときに消費者金融系のおまとめローンを使った経験がある。

 

  • 銀行系のおまとめローンだと、審査結果によって金利が決まる。
  • 消費者金融系のおまとめローンだと、貸金業法で定められた金利が適用される。

 

銀行系のおまとめローンだと金利を低くできる可能性が高い。
消費者金融系のおまとめローンだと3%〜5%程度金利が低くなることが多い。

 

貸金業法で定められた金利について書いておこう。

 

●貸出金利法に基づいて

借入枠 金利
10万円未満 年利 20% が上限
10万円 から 100万円未満 年利 18% が上限
100万円 以上 年利 15% が上限

気を付けろ

 

おまとめローンの場合、ほとんどは100万円を超える金額になると思う。
だから、今の金利が15%を超えるかどうかで判断をするといいだろう。

 

借金をするなら金利は1%でも安いほうがいいからな。1%を馬鹿にしちゃいかんぞ!

 

返済日が統一される

おまとめローンを検討する人は、基本的には多重債務者だと思っている。複数の金融業者から借り入れを行うと返済日がまちまちになることがよくありんだ。

 

これを読んでいるあなたもそうかもしれないな。

 

例えば、返済日が

  • A社 5日
  • B社 10日
  • C社 20日

このように分かれるパターンだな。

 

返済をしていると、しょっちゅう返済をしているような気になってしまう。常に借金の事が頭から離れることがなくシンドイ思いをすることになる。

 

おっちゃんもしんどい思いをした。おまとめローンだとこの煩わしさがなくなるのがメリットといえるだろう。借り先が一本化するので当然だが、多重債務者には意外とうれしいメリットではないだろうか。

 

返済が一本化する

おまとめローンにすることで返済も一本化されるぞ。返済は、借り入れしている額によって金額が変わってくるからそれをいちいち覚えておくのも一苦労なはずだ。

 

  • A社 10000円
  • B社 22000円
  • C社 17000円

といった感じだな。

 

それに返済日も違えばややこしさは倍増だ。これも、おまとめローンで借り先を一本化することで決まった日に決まった金額を月に一度返済すればいいという風に変わるんだ。返済に関する煩わしさがぐっと減ることは間違いない。

 

毎月の返済額が減る

おまとめローンといえど借り換えなので、借金自体は減ることはない。

 

例えば、現在の借入額と月々の返済額がこのようになっている場合

 

A社 120万円 : 返済額 23000円
B社  50万円 : 返済額 10000円
C社  80万円 : 返済額 15000円

 

会社ごとに金利も返済額も違っていたりして・・・・。

 

合計で、毎月48000円の返済をしなければならないとしよう。

 

これをおまとめローンにすることで、250万円の借り先を一本化して返済もまとめることで

 おまとめローン月返済 25000円

を返済すればいいというように負担を軽減することができるんだ。

 

その代り、借入期間が長くなったりということは起こることがある。当然、返済期間を短くした場合は、月々の返済額が高額になっていくぞ。

 

いくらなら無理なく返済できるのかをよく考えてほしい。

 

ブラックリストにはならない

重要

おまとめローンは、債務整理ではない。

 

破産をするわけでも返済すべきお金を法的な効力を使って止めるわけでもないからな。審査を行ってお金を借り入れる通常の借り入れ行為なんだ。

 

よく住宅ローンも返済が苦しくなると高い金利から安い金利のローンに借り換えるということ聞き苦と思う。これと理屈は一緒なんだ。

 

そのため、おまとめローンで新たに借り入れたお金で現在借りている借金についてはすべて返済をすることになる。結果、今借りている借金は完済という形になるんです。おまとめローンは満額借金だがな。

 

で、新たに借り入れたおまとめローンの返済を無理なくコツコツとおこなっていくということなんだ。なので、ブラックリストに載るようなことはない。

  • クレジットカードもそのまま使える。
  • 住宅ローンも組むことが可能。

    ※住宅ローンの借り入れには、審査が必要です。

 

このように完済を目指すならうれしいメリットがたくさんあるのがおまとめローンなんだ。

 

では、どうやっておまとめローンに借金をまとめるのかを見ていきましょう。

 

借金返済はおまとめローンが強い

必ず今ある借金を返済すると決めたなら、おまとめローンは考えてみるといいだろう。おまとめローンは借金返済に強い味方といえる。

 

当然審査は必要となるが、おまとめローンで借り入れができれば、金利は安くなるので返済を加速させられる。
おまとめローンで借金返済を考える場合は、「借金を増やさない」が前提となると思ってほしい。収入が安定してどうにかやりくりできるようになったとか、休みの日にバイトをして収入を頑張ってあげるとか、そういった借りないで済む生活にしてからおまとめローンを利用するのがいいだろう。

 

おまとめローンは、金利が低い。でも、おまとめローンを使ったらそれ以外のキャッシングはできないくらいの覚悟が必要だ。でも借金を返済すると覚悟を決めたならおまとめローンは強い味方になってくれるぞ。

おまとめローンを利用するには

おまとめローンの利用の仕方を説明していこう。おまとめローンは、「すでに抱えている複数の業者からの借金を一括返済する」これが前提となる。

 

その返済を行えるだけのまとまった金額を銀行や消費者金融から借り入れればいいんだ。おまとめローンの仕組みはもうわかっていると思うので、あとは銀行系か消費者金融系のサービスで申し込みをすればいい。

 

おっちゃんは、プロミスでおまとめローンっぽく借り入れをまとめてもらった。当時おっちゃんは、コツコツ返済をしていて160万円くらいまで借金が減っていたんだ。ちょうどプロミスを完済した時にプロミスから連絡が入ったんだ。

 

 

プロミスで借り入れをしてはいかがでしょうか?もし他の会社さんでお借入れがある場合にはその分も融資いたします。融資させていただいたお金で返済をお願いいたします。借入額が100万円を超えますので金利は15%に抑えることが可能です。


 

なるほど、とおもっておっちゃんは提案にのたんだ。そして18%で借りていた金利を下げて一本化して返済を続けた。その結果無事に完済することができたんだ。

 

借金返済 おまとめローン

おまとめローン利用の流れはこうだ。

新たな借り入れを申し込む。
審査の際に正直に複数社の借金を1っ本化できないか相談してみる。
おっちゃんの場合は、運よく他社の借り入れを返済することを条件に高額の借り入れをする。

※もちろん収入証明が必要になる。年収の3分の1までしか借りられないからな。

おまとめローンサービスを提供している銀行なり消費者金融に申込のもいいだろう。結局は、完済をしたい気持ちを正直に伝えれば借金は一本化できるものと思っている。

 

ぜひ借金完済を目標におまとめローン作戦を実行してほしいと思っている。

おすすめのおまとめローン

おまとめローンは、銀行系でも消費者金融系でもどちらで申し込んでも大丈夫だ。アイフルには、「おまとめMAX」「かりかえMAX」というサービスを提供している。いわゆるおまとめローンだ。専用サービスがあるので相談もしやすい。

 

わかってるアイフル

アイフルの特徴

1000円から借り入れができる。50万円までの借入なら収入証明書が不要。(他社から借り入れがない場合)。初めて利用の人なら最大30日間無利息審査は最短30分、最短1時間でカード発行から融資まで完了。全ての手続きがネットでできるから来店不要。主婦でもパート・アルバイトもOK、定期収入があれば借り入れできる!

利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価5
備考 1万円からの少額の借入と女性やパート主婦におすすめ
アイフルのプラス情報

女性向けカードローン「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちらから ↓↓   アイフルのスラリ

詳しくはこちら

プロミス

プロミスの特徴

インターネット申込は24時間365日受付。WEBで契約なら最短1時間で振込での融資が可能。 土日祝日でもカード発行してもらいお金を引き出せる。指定の銀行口座を持っていれば24時間、口座振込でお金を借りられる。初めてプロミスを利用する人なら30日間無利息サービスが使える ※メールアドレスの登録とWeb明細利用登録をした人が対象

利率 4.5%〜17.8%円
評価 評価5
備考 プロミスは、金利が安くて、借りるまでが早い!

詳しくはこちら

はじめてのアコム

アコムの特徴

審査回答まで最短で30分、融資まで最短1時間のスピードサービス。初めての利用なら、30日間無利息サービス。ネットで申込をすれば来店不要で即日融資が可能。楽天銀行に口座があれば原則24時間365日最短1分で現金振り込み。スマホアプリ「アコムナビ」なら借り入れから返済までお金を簡単に管理。

利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価4
備考 急にお金が必要になった人におすすめ

詳しくはこちら