安い金利でお金を借りたい

一番安い金利でお金借りたいなら

お金借りる

 

お金を借りる時に誰もが思うことがある。

 

それは、金利(利息)の安いサービスでお金借りたいということだ。

 

おっちゃんは、昔の話だけど年利25%などのありえない利率でキャッシングをしていたこともある。

 

正しい知識があれば、おっちゃんのようなありえない高い利息を払うことはないはずだ。

 

このページでは、初めてキャッシングをする人に安い金利でお金借り入れる方法を説明をしていこう。

 

>> 安い金利でお金借りるならココ


金利を安くお金借りる方法はあるのか?

 

安い金利でお金借りる方法はあるのか?

 

そう聞かれたら、答えは、「ある」となる。

 

ではどうすれば、安い金利でお金を借りられるのか?を説明していこう。

 

ちょっと整理が必要ですね。まず、ダントツで金利が安くお金の借り入れができるのは、

 

  • 銀行
  • 日本政策金融公庫

 

お金を安く借りたいのならこの2つで借りるのが一番金利が安いといえます。
ですが、銀行は審査が非常に厳しいですし、日本政策金融公庫はお金借り入れる条件が整っていないと貸してはくれない。

 

条件が満たされるなら、金利の安い銀行か日本政策金融公庫で借り入れをすることをお勧めします。日本政策金融公庫なら金利は、2%台などで融資をしてくれるので安心してお金を借りられます。

 

銀行でお金を安く借りたい場合

 

銀行が金利は一番安いでしょう。金利は年 2%〜 程度で借り入れられることは珍しくありません。いわゆる住宅ローンやマイカーローンでの貸し付けをしてもらうことになります。

 

ですが、金利が安い分、厳しい貸し出し審査となっています。借り入れるお金の利用目的も明確になっていないといけません。高額の借入れになりますから、ローンを組む期間も長くなります。住宅ローンであれば40年のローンも珍しくありません。

 

審査にも時間がかかります。住宅ローンなどの高額の融資の場合には、銀行担当者と直接会って契約をすることになりますし、契約の際には実印が必要な場合もあります。

 

数千万円という高額な融資を行ってくれる反面、融資の申込をしてその日にお金を貸してくれるとは考えないほうがいいでしょう。

 

借りる側にも様々な条件を求められますが、その代わり金利は一番低いと考えていいでしょう。

 

日本政策金融公庫でお金を安く借りたい場合

 

日本政策金融公庫の教育ローンなどが利用できるなら金利は安く借入ができます。いわゆる国金とよばれる機関です。

 

ですが、子供が中学3年生などで実際に教育ローンを必要としている世帯でないと借入れができませんので、お金を借りられる条件は制限されてしまいます。

 

ですが、金利は安い。お金借りる予定があり学生の子供がいる家庭であれば、うまく活用することでて低い利率で借入ができるでしょう。

 

融資枠も一人の子供に対して教育資金の貸し出しとして、300万円程度の融資が可能ですからおすすです。返済についても、子供が学校を卒業するまでは借りたお金の利息のみを払うことで返済を実質待ってもらうこともできます。

 

日本政策金融公庫の場合は、事業資金としても融資をしてくれます。起業資金や事業の運営資金です。自営業を営んでいる人については、前向きに日本政策金融公庫で事業資金融資を検討するのもいいでしょう。起業を目指している人であれば、事業計画を立てて借りられるのかを相談しに行くのはいいかもしれません。

 

自分の事業や起業をしてお金を返済する必要はありますが、低い利率で融資を受けられるのはメリットといえるでしょう。

 

銀行と日本政策金融公庫では借り入れが難しそうと思うなら、2%などの安い金利でお金を借りるのはむつかしいと考えていたほうがいいでしょう。
少し金利は高くなりますが消費者金融・キャッシング・カードローンでお金借りることを検討する必要があります。

 

 

消費者金融でお金を借りる場合でも金利を安く抑えてお金を借入をする方法がありますので説明していきましょう。

金利を安くキャッシングを利用するためには

キャッシングは、お金を借りやすいのはいいのですが審査の厳しい銀行や公的機関と比べるとどうしても金利を安く抑えるのは難しいといえます。
銀行の2%〜7%程度の金利と比べて高い金利になってしまうのです。借りやすい分、高い利率が設定されているのです。

 

キャッシングやカードローンでの貸出金利は、

 

貸出金利 : 15%〜20%

 

と考えておいてください。この範囲内の金利であれば高すぎるということはありません。わかりやすく言えば、ぼったくられているということはありません。

 

銀行と比べて金利が高くなる代わりに、審査は非常に通りやすく、お金を借りるまでがスピーディーなのが特徴です。
当日に申込をして審査と契約を交わしその日に即日融資も可能なのが、キャッシングやカードローンなんです。

 

15%〜20%の金利であれば15%の低い金利でお金を借りたい!

多くの人はお金を安く借りたいと思うでしょう。
では、どうしたら20%ではなく15%の金利安いで借りられるのか?

 

15%の金利で借りる方法を説明していきましょう。

 

重要

 

15%の安い金利でお借り入れるためには、100万円以上の借入枠をゲットする必要があるんです。なぜ、100万円以上の借入枠が必要かというと法律で借り入れる金額によって上限金利が決まっているからなんだ。

 

そして、法律で定められた金利は、借りる金額が多いほど金利が安い状態になります。

 

法律で定められた貸出金利について説明しよう。

 

●貸出金利法に基づいて

借入枠 金利
10万円未満 年利 20% が上限
10万円 から 100万円未満 年利 18% が上限
100万円 以上 年利 15% が上限

 

こんな具合だ。見ればわかる通り、借りる金額に応じて貸出金利に上限がかけられているんだ。100万円を借りたら、15%以上の金利を請求することはできないんだ!

 

同じ消費者金融からお金を借りるのでも、

 

  • 金利20%でお金を借りる人
  • 金利15%でお金を借りる人

 

がでてくる。その差は、借りる金額に隠されている。借りるお金の額で5%もの金利の差がでるということだ。

 

この5%の金利差をゲットするには、100万円を超える融資枠で審査を受ける必要があるということなんだ。

 

基本的に消費者金融でお金を借りる場合は、上限ギリギリの金利を提示されることが普通と思ってもらいたい。だから、10万円借りて金利が15%や10%なんてことはないと思っていたほうがいい。

 

安い金利でお金借りるのなら

 

100万円以上の借入枠を希望して15%の金利をゲットする!

 

これが一番賢い方法といえる。

 

ちなみに、100万円を引き出す必要はない。100万円の借入枠をゲットすればいい。100万円を借りる権利といえばいいだろうか。
100万円の貸出枠だけをゲットできれば、10万円しか使わなくても金利は15%になるんだ。

 

実際には、10万円など必要な金額だけを借りればいい。そうすることで10万円しか借りていなくても金利は15%で安い金利でお金を借りられるんだ。

100万円の借入枠で金利を抑えるための知識

 

100万円以上の借入枠をゲットするための方法を説明していこう。
まず、100万円の借入枠を得るには年収300万円がないと成立しないんだ。

 

総量規制で年収の1/3までのお金しか借り入れができなくなっている。いわゆる法律の壁がある。

 

気を付けろ

 

借り入れできる金額の上限は

 

  • 年収300万円の場合 100万円の借り入れが上限
  • 年収600万円の場合 200万円の借り入れが上限

 

となっている。

 

年収が300万年に満たない人は、100万円の借り入れ申請をしても審査に通らないということだ。
その場合は、残念だが 15%以上の金利が確定してしまう。

 

年収300万円以上ある人は、100万円以上の借入枠を作れる。
では、どうすれば100万円の借入枠をゲットできるのかを説明していこう。

 

借入審査に必要な書類を整える

 

借り入れの申し込みをする際には、必要な書類をそろえるようにしよう。

 

10万円ほど審査なら収入証明書類を後日提出で審査を通してもらえる場合もあるようだが、100万円を超える借り入れの場合は収入を証明する書類の提出が必要となります。

 

収入を証明する書類

 

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 直近3か月分の給与明細

 

のいずれかを準備しよう。

 

給与明細は、年収の証明にはなりません。おおよその年収を算出してそこから貸し出せる金額を決めるので、100万円以上の高額の借り入れをする場合には源泉徴収票か確定申告書の準備をおすすめするぞ。

 

もう一点必ず確認をされるのが会社の情報となる。

 

勤め先の会社情報

 

  • 会社名
  • 会社の所在地
  • 自分の在籍部署の電話番号

 

は事前に準備をしておきましょう。

 

後そろえる物は、

 

身分証明書(いずれか一つ)

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

 

これらをそろえるようにしてほしい。ここで紹介した書類一式がそろっていれば、借り入れの申し込みと審査をスムースに受けることができるだろう。キャッシングサービスの申込画面に進んも大丈夫だ。

 

でも、100万円以上の借入枠をゲットしてもあなたのお金ではありませんので使い過ぎには注意をしろ。どっかのCMみたいだが「ご利用は計画的に。」

 

最後に100万円も借入枠を作ったら返済が大変なのでは?と考えている人のためにちょっと説明をしておこう。

100万円借入枠で低金利・返済の心配もいらない。

 

100万円も借入枠を作ったら返済が大変のでは?

100万円以上の審査を通ったとしてもお金を借り入れたわけではないんだ。100万円を借りる権利を得たということなんだ。これを借入枠という

 

借りる権利を得れば(審査を通れば)、ルールで自動的に貸出金利は15%となる。

 

金利を安くするために100万円以上の借入枠をゲットしたのですから、100万円全額を借り入れなくてもいいんだ。100万円を借りる権利はあるけど、10万円とか30万円などの必要なお金を安い金利で借りて使うという裏技なんだ。

 

通常は、10万円未満の借り入れだと18%〜20%程度の高い金利となりる。

 

ですが、100万円以上の借入枠を持っているなら、15%の安い金利でいお金を借りることができるのです。当然利息も安くなるので、返済も楽になるんだ。これが、このページで説明した安い金利でお金借りる方法というわけ。

 

中刷り広告の7%などは実際にはない

電車の中刷り広告にあるような「金利7%〜」などと告知を目にしたりするだろう。だが、そんなことはまずないと考えたほうがいい。7%なら借りてもいいかな?と思わせるのがキャッシングサービスの狙いだと思ってほしい。

 

実際にお金を借りる際の利率を見ればわかるが、借りる金額に対して貸出金利法の上限いっぱいの20%、18%、15%のいずれかの金利を提示されはずだ。

 

15%以下の安い金利でお金を借りたいと思うなら銀行に行くしかない。そこでおすすめなのが、アイフルのプレミアムファーストローンだ。審査に通れば、9.5%の金利でお金を借りることができる。あとは、オリックス銀行やプロミスを利用するといいだろう。どちらも上限金利が17.8%と他のサービスよりも上限金利が安く設定されているんだ。オリックス銀行カードローンは、沙一番低い金利が1.7%となっている。

 

安く借りるなら銀行のカードローンがおすすめ

アイフルファーストプレミアム

プレミアムファーストローン(アイフル)の特徴

定期的な収入があれば4.5%〜9.5%の低金利※1
・アイフルを初めて利用の人なら最大30日間無利息
審査は最短30分、最短1時間でカード発行から融資まで完了。
融資額は、100万円〜500万円まで

利率 3.0%〜9.5%
評価 評価5
備考 アイフルのプレミアムファーストローンは、基本のサービスは充実・スピードも早い。
プレミアムファーストローン(アイフル)のプラス情報

プレミアムファーストローンがNGでもアイフルでお金を借りられることも。

詳しくはこちら

プロミス

プロミスの特徴

インターネット申込は24時間365日受付。審査にかかる時間は最短で30分。WEBで契約なら最短1時間で振込での融資が可能。土日祝日でもカード発行してもらいお金を引き出せる指定の銀行口座を持っていれば24時間、口座振込でお金を借りられる。初めてプロミスを利用する人なら30日間無利息サービスが使える ※メールアドレスの登録とWeb明細利用登録をした人が対象

利率 4.5%〜17.8%
評価 評価5
備考 プロミスの金利上限は17.8%と良心的
プロミスのプラス情報

レディースキャッシングは、必ず女性オペレーターが電話対応。男性でも利用できるのがうれしい!詳細は ↓↓ 女性専用 キャッシング

詳しくはこちら

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行 カードローンの特徴

留学資金や入学金や大きな買い物などで200万円、300万円と高額融資ならおススメ。銀行融資なので安心感がある。提携ATMも全国99000台以上なのでどこからでも気軽に借りられるのはメリット。人気のWEB申込にも対応。

利率 1.7%〜17.8%
評価 評価5
備考 100万円以上の高額融資で人気の銀行系カードローン

詳しくはこちら

一番安い金利でお金借りる記事一覧

利息なしでお金を借りられるサービスがあるのか?お金を借りたいと思ったら気になるのが利息だ。いくらお金を借りるといくら返済...

30日間無利息サービスで一番のおすすめはどこなのかを調べてみた。比較をしたのはプロミス・アコム・アイフル・新生銀行カード...

キャッシングをする際に必ず付いて回るのが利息や金利ですな。金利15%とか18%とか聞くけど、実際のところ金利15%ってど...

いくら借りたらいくらの返済が必要なのか?簡単に借りることのできる便利なキャッシングサービスだが銀行と比べて金利が高いとい...

消費者金融で借金をした場合、いったいいくら返せばいいのか?実際には、返せなくなる人もたくさんいるんですね。借りたお金を返...

お金借りる時の一番のおすすめは、その人のお金を借りる目的によるんだ。住宅ローンやカーローンなどの高額な借り入れは銀行です...