金利 年15%や18%ってどういうことなの?

金利 年15%ってどういうことなの?

金利15%でお金借りる

キャッシングをする際に必ず付いて回るのが利息や金利ですな。

 

金利15%とか18%とか聞くけど、実際のところ金利15%ってどういうことなのか?

 

これが分かっていないと返さなければいけない金額が分からないよな。

 

それでは、借金が雪だるま式に増えていって返せないなんてことにもなりかねない。そうならないためにも、金利・利息についておっちゃんが説明をしておこう。

 

金利と利息の違いって何?

この金利と利息って何が違うんだろうって混乱する前に説明をしておこうか。

 

言っていることはさほど変わりが無い。

 

・パーセンテージで表記すれば、金利
・金額で表記すれば、利息

 

こうやって考えておくといい。

 金利=借りたお金(元金)に対する賃借料の割合。%であらわす。
 利息=借りたお金(元金)に対する賃借料の金額。¥であらわす。

元金っていうのは、借りられる金額ではなくて実際に借りた金額のことになる。

 

ちなみに年利は、

 

 年利=金利を1年あたりの割合で示したもの

 

金利には年利意外にもこんな種類がある。

金利の種類

日歩(ひぶ)=借りたお金(元金)に対しての1日の利息のこと
月利(げつり)=借りたお金(元金)に対しての1ヶ月の利息の割合を示したこと
年利(ねんり)=借りたお金(元金)に対しての1年間の利息の割合を示したこと

キャッシングについては年利が基本だから、年利の計算方法が分かっていればいいだろう。

 

利息の計算方法は?

どれくらい利息として取られるのかをあまり意識しないでキャッシングをはじめる人も多いんじゃないかな?

 

お金を借りて初めて、「あれ?こんなに毎月とられるの?」なんて思った人もいるかもしれない。

 

「自分の考えていた返済額と違いがある。」そんなことにならないように金利15%(年利)の場合、どれくらいの利息を支払うことになるのか?

 

まずは、簡単な金利(年利)の計算方法を説明しよう。

 

金利の計算の仕方がわかればどれくらいの支払いが発生するのかが見えてくる。消費者金融で100万円借りたときの利息ってどれくらいになるのか計算をしていこう。

 

金利の計算方法

金利15%(年)で100万円借りたとしましょう。

 

すると

 

 100万円×金利15%=115万円/年

 

年利だから、100万円を1年間借りると115万円返さなければならないってことになる。

 

毎月返済をするので利息だけを考えると、

 

 ・15万円÷12か月=12,500円

 

となるんだよね。これが、毎月の利息として返すお金額

 

返済するのは、元金と利息なので注意!

計算した12,500円は利息だけだ。返済をするのは、利息だけではない。

 

返済は、利息+元金 になるんだ。

 

利息にプラスして元金の100万円が別にあるので元金も返さなければならないんだな。だから、毎月の返済額はもっと多くなる。

 

借りた100万円を6年で返すという契約なら

 

 ・6年×12か月=72回払い

 

となる。

 

100万円を72回で返すわけだ。

 

返済額の計算は、ざっとだけどこうなる。

 

 

月々の返済額(元金+利息)

 

 元金は、100万円÷72回=13,888円 

 

 利息12500円+元金13,888円=26,388円

 

 合計=26,388円

 

 

この金額が利息と元金を合わせた毎月の返済額。

 

毎月元金を返して返済額が変動するので、詳細の返済額は毎月変動することになる。でも、大まかだけどこんな感じで覚えておけばいい。

 

毎月返済をしていけば元金が減って利息も減っていくので、これが上限と考えればいいでしょう。

 

法定金利について

 

参考までに貸金業法で定められている金利は、

貸金業法で定められた上限金利(年利)

 

 ・10万円未満・・・・・・・・・・・20%
 ・10万円以上 100万円未満・・・18%
 ・100万円以上・・・・・・・・・・15%

となっています。借りる金額で金利が変わってくるので、注意が必要だな。

 

10万円だと20%の利息が付くので、利息は毎月1600円。毎日50円くらいの利息を払えばいいわけだ。

 

この利息を少額と思う高額と思うのかはその人次第だけど・・。

 

契約の時に15%とか18%の金利で借りられればもう少し金利は安くなるんだ。

 

キャッシングは便利なサービスなので懐具合と相談をして上手に利用をしてほしい。

キャッシングサービス各社の金利シミュレーション

最後に自分で金利や年利を心配して計算をしなくても借入額などの簡単な入力をすれば月々いくら返済をすればいいかシミュレーションできるサービスがあるぞ。

 

キャッシングを提供している会社のページには、簡単に金利の計算ができるシミュレーションサービスを提供しているところがある。

 

返済額が気になる人には非常に便利なので、プロミスとSMBCモビットの返済シミュレーションのページの入り口を紹介しておこう。

 

プロミスとSMBCモビットの金利計算シミュレーション

キャッシングの金利計算をしたいならプロミスかSMCBモビットのどちらかのシュミレーターを使うといいだろう。「借りたい金額」「利率」「返済期間」を入力すれば簡単に返済金額を知ることができるんだ。返済額に納得できればサービスに申込むこともできる。

 

プロミスの借金返済シミュレーション

実際の返済シミュレーションは、毎月均等払いのなってくるので計算が複雑なんだ。考え方は分かったと思うので実際の返済額はこちらから見るといいだろう。

 

下のボタンから、プロミスのシミュレーションページで借りたい金額や返済期間を入力して返済金額を確かめることができるぞ。

 

プロミス借金返済シミュレーション

 

SMBCモビットの借金返済シミュレーション

 

ページの中ほどに借金返済シミュレーションがある。
ページの右端のDのタブをクリックするといいぞ!

 

SMBCモビットの借金返済シミュレーター

 

SMBCモビットの借金返済シミュレーション

 

 

希望別 お金を借りる方法

バレずにお金借りる 即日 キャッシング
バレずにお金借りる 今すぐ お金借りたい
低金利で借りる 郵送物なし カードローン
安い金利 お金借りる 郵送物なしのキャッシング
無利息で借りる シニア向けカードローン
利息なしで借りる シニア向けキャッシング
おまとめローン 電話連絡なし
カードローン一本化 在籍確認なしのキャッシング

金利 年15%ってどういうことなの?関連ページ

利息なしでお金を借りれるの?
お金を借りたいと思うときに気になるのが利息だ。当然利息は付いてくるものだが利息がなしのサービスがないのか気になるだろう。おっちゃんがっその質問に答えよう。
30日間無利息でお金借りる
キャッシングには30日間無利息でお金借りることのできるサービスがある。利息なしなのでお金を借りる人にとっては魅力的なサービスとなっている。金利が付かない30日間無金利サービスはどこも同じ内容なのかを確認するためにプロミス・アイフル・アコムを比較してみた。
借金返済シミュレーションを利用しよう
お金を借りたら毎月いくら返せばいいのか?はきななることだ。返済する金額を知ることでいくらまで借りることができるのかもわかるはずだ。
借金するといくら返済すればいいの?
キャッシングなどで借金をしたらいったいどれくらいの金額を返済しなければならないのか?お金を借りる側にとっては気になるところです。
お金借りる時の一番のおすすめは?
お金を借りたいときに便利でおすすめなカードローンやキャッシングを紹介しています。公的資金や総量規制についても説明。安い金利で借りられる銀行から女性専用サービス、アルバイト、パートでも借りられるのか?それぞれの一番を紹介。