キャッシングの申し込み〜お金を借りるまで

キャッシングの申し込みからお金を借りるまで

お金借りる

このページでは、キャッシングの申込み〜お金を借りるまでの流れを説明していこう。いわゆる契約手続きについてだ。

 

これからキャッシングを考えている人は、このページの情報が役に立つと思う。

 

おっちゃんが、キャッシングの契約手続きについてわかりやすく説明していくぞ。


消費者金融と銀行系カードローンについて

お金を即日だったり、保証人なしに借りるには2つのサービスがあるんだ。

  • 消費者金融
  • 銀行系カードローン

この2つになる。
消費者金融の代表的なサービスは、

  •  プロミス
  •  アイフル
  •  SMBCモビット
  •  アコム

 

銀行系カードローンのサービスには

  •  新生銀行カードローン レイク
  •  オリックス銀行 カードローン

 

という具合だな。どのサービスもお金を借りる流れは同じといっていい。

 

お金を借りす流れを説明したいんだけど、サービスを申し込む前に借り入れの条件については知っておいてほしい。

キャッシングの申し込み条件

申し込みは、18歳以上であれば誰でもOKということになっているけど・・・。

 

実際のところは、働いている人が原則となる。だって、お金を返せない人にお金は貸せないからね。

 

なので就業者ということになる。正社員はもちろんだけど、派遣・バイトでもOKということ。

 

気を付けろ

 

学生や専業主婦は、借り入れるのは難しい。

 

実際に申し込みはできるけど、審査で落とされてしまうことがほとんどだ。

 

専業主婦で借り入れができる場合は、旦那さんが同意をすることが条件となる。この場合、借りるのは専業主婦の奥さんだけど支払いの責任を持つのは旦那さんとなるわけだな。

 

18歳以上で定職がある場合には申し込みをしてみよう。

 

それじゃあ、お金を借りるまでの流れを説明していこうか。

申し込みからお金を借りるまで

お金を借りるには、3ステップで簡単に借りられる。

  1. 審査の申し込み方
  2. 審査
  3. 審査結果&借り入れ

 

・審査の申し込み方について

審査の申し込み方については、

 

 ・インターネット申込み
 ・無人契約機申込み
 ・窓口申込みがある。

 

いまは、インターネットで申込みをする人が一番多い。誰にも見られずこっそりと申し込めるからだろう。

 

ネット銀行の口座を持っているなら、即日でお金を借りたい人はインターネットでの申し込みはおすすめ。審査まで完了したら、すぐにネット銀行にお金を入れられるからな。

 

インターネットでの申し込みの場合、即日のキャッシングを希望なら15時までの手続きを済ませるようにしたい。

 

次におすすめなのが無人契約機。

 

キャッシング用のカードの発行もしてもらえるのがメリットといえる。銀行の営業時間を過ぎていても、キャッシング用のカードでATMを使ってお金を引き出せる。

 

・審査

定職があって、18歳を超えているならキャッシングができるとおもっていい。

 

お金を借りたいと思うなら審査をしてもらおう。申し込みをすると貸出審査を受けることになる。

 

自分の名前や住所などを伝え。勤務先や収入を必要に応じて伝える。自分の借りたい金額を申請する。

 

最近の審査は早いから、その日のうちに審査結果がわかるはずだ。

 

あなたが、その金額を貸してもいい人であれば口座ができて、いくらまで借りられるのかを教えてくれる。

 

借入枠ができるってこと。実際の審査される内容は、3つ。

 

・あなた自身の情報
  これは、身元確認といっていい。免許証などがあれば簡単に済む。

 

・会社への在籍確認
  あなたが働いているのかを確認する。源泉徴収表があれば、在籍確認を免除してくれることもあるようだ。

 

・信用情報
  いままでにお金を借りて返さなかったなどの経歴がないかを確認される。

 

あなたが申し込み時に提供した情報からあなたの信用情報なども照会してお金を貸せるかの判断をする。

 

・自己申告に基づいてあなた自身の審査を実施

年齢 年齢が低すぎず、高すぎずのほうがいい
職業

公務員なんて最高。弁護士・医師などの士業といわれる人もいい。
アルバイトなどはやっぱりマイナス。

勤務先 大企業なら文句なし。働いていれば、会社の規模は気にしなくていいと思う。
雇用形態 正社員のほういが有利。派遣でもお金は借りられる。
勤続年数 バイトだろうが派遣だろうが一か所に長く勤めていたほうがいい。
年収 年収の1/3が借り入れ額の上限と考えよう。
居住形態 持ち家最強
居住年数 長く住んでいるってことはそれだけでも信用となる
電話 携帯よりは、固定電話のほうがいい。

 

あなたの名前や住所などの個人情報を提供するので、他社からの借り入れや金融事故情報など調査されるんだ。
その結果で貸出金額を決める。

 

今までにキャッシングをしたことがないなら問題なく借りられるだろう。

 

・審査結果&借り入れ

1日あれば結果が返ってくる。

 

本当に急いでいる場合は、30分〜1時間程度で審査をしてもらうこともできる。
急いでいるときは、インターネットや無人契約機がおすすめだ。

 

審査結果でお金を貸せるとなったら、口座ができていつでもお金が引き出せるようになる。

 

当然、審査に落ちることもあるんだけど、なぜ審査落ちしたのかは、調べる手段はない。

 

クレジットカードの返済をしていないとか、他社からもキャッシングをしているなどでない限りは信用情報に傷はつかない。
そういったことに心当たりがない人なら、50万円までならすんなり借りられる。

 

ここまでが、申し込みからお金を借りるまでの流れとなる。

貸出金利について

最後にこれは重要なことだから伝えておこう。

 

貸出金利については、貸金業法で上限金利が定められているのでこうなっています。

 

この表よりも高い金利を求められた気を付けたほうがいい。

 

SMBCモビット・プロミス・レイクなどは大手企業が運営しているサービスなのでそんなことはない。
安心してキャッシングができると思っていい。

 

上限金利

借入額 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上 100万円未満 18%
100万円以上 15%

 

電車の広告などで貸出金利7%と書いてあったりもするけど、実際には上限ギリギリの金利が適用される。

キャッシング審査に通るための知恵

キャッシングのやカードローンの審査に通りやすく申し込みをする方法は存在するんだ。

 

知識さえあれば誰でも契約時にできることなので、すぐにお金を借りたいという人は参考にしてほしい。

 

ちなみに総量規制の上限である年収の1/3の借入をキャッシングでしている場合は、ここで紹介しているキャッシング審査に通るための方法を使ってもキャッシング審査に通ることはむつかしいと思ってほしい。

 

闇金なら別ですが、闇金からの借り入れをお勧めすることは、おっちゃんにはできない。

 

キャッシングのやカードローンの審査に通りやすくする方法は、キャッシング初心者向けの情報だ。

 

既に複数のキャッシングサービスを利用している人向けの情報ではないと断っておこう。その点はご注意してほしい。

 

キャッシングの初心者であれば、「キャッシングのやカードローンの審査に通りやすくする方法」で簡単に借り入れを行うことができるはずだ!

 

キャッシングやカードローンを申し込む時の条件として、

 

 定職についていて毎月安定した収入がある場合こと。

 

これが必須条件となる。

 

学生や専業主婦の借り入れは、別の方法で申し込みをしたほうがいいでしょう。

 

お金を借りるには、
審査をして通ればいいのです。

 

どうしたら審査に落ちないですむのかを考えていきましょう。

 

・書類への記載は間違えの無いように

まず意外に多いのが申込書類への記述間違いだ。

 

インターネット申込みをしている場合には特に注意が必要。

 

自宅の電話番号や会社の電話番号を記載ミスした場合には、本人に連絡する手段がなくなる可能性がある。

 

電話番号の記入を間違えて、電話番号なしと判断されたとしたらどうでしょうか?

 

電話番号も持っていないような人にお金を貸す会社はないわけだ。

 

自分の勤めている会社の電話番号も同じことがいえる。
自分の勤めている会社の電話番号が間違えていると在籍確認ができなくなってしまう。

 

在籍確認ができないわけだから、本当に定職についているのか?
するとあなたが申請した年収にも疑問がわいてしまうでしょう。

 

申込書類への記載ミスは、こういった審査不可の状態を作ってしまう可能性があるということなんだ。

 

仕事をしていて定期的な収入のある人であれば基本はキャッシングでお金を借りることができる。
でも、電話番号の記載を待ち変えるだけで審査が通らなくなることもあるということだ。

 

審査をすれば借りられるという人だったらもったいない。

 

・借入希望額は、最小限にする

借入希望額は最小限にして申請をしたほうがいい。

 

なぜなら、借入額が大きいほど審査が厳しくなるからなんだ。

 

現在は、50万円までの借り入れであれば

  • 収入証明
  • 在籍確認

が免除されるサービスもあるのでなおさらといえるだろう。

 

50万円を超える金額のキャッシングを希望すると審査は厳しくなる。

 

審査が厳しくなった理由としては、グレーゾーン金利の撤廃が上げられる。グレーゾーン金利というのは、「利息制限法(20%)と出資法(29.2%)の2つの法律で定められた各法の金利利息の間の利息」の事をいう。

 

一つの法律では、20%までと金利を決めていたのに、もう一つの法律では29.2%まで金利を取っていいとしていたんだ。

 

なので貸す側の解釈で、20%でも29.2%のどちらでも金利を設定できたのです。貸し出すのに条件がよくない人には、29.2%という高い金利で貸し出すことができたんだ。

 

その差は、9.2%。

 

この差分の本来払わなくてもいい金利をグレーゾーン金利と言うんだ。

 

このグレーゾーン金利については法整備がされて、金利の上限が決められた。

 

だが、金利上限が引き下げられたことによって、29.2%なら貸し出せるけど20%では貸し出せないというひとが多くいたんだな。

 

その結果、キャッシングやカードローンの審査が厳しくなったといわれている。

 

審査が厳しくなったというよりも、29%でならお金を借りられた人が借りられなくなったといえばいいだろう。

 

なので、50万円以上の高額の借り入れを希望すればするほどキャッシングの貸し出し審査は厳しくなる。
キャッシングの審査を通ることを目指すなら、最小限の借入希望額で審査を受けるほうが審査を通りやすいといえるの。

 

審査に通りたければ、10万円〜30万円ほどの借入枠で申し込みをするのをお勧めるぞ。

 

・年収情報は確認をしておく

年収は、お金を貸す側にとって重要な情報といえる。

 

総量規制というルールで年収の1/3までしか貸し付けをできないと決まっているからだ。年収の記載であなたの貸し出してもらえる最高額が決まってしまうということなんだ。

 

会社員や派遣社員などが借り入れの申し込みをする場合500万円までの借り入れなら源泉徴収票を提出を求められることはほとんどない。

 

総量規制で年収の1/3までの金額しか貸し出すことはできませんが、会社員や派遣社員の場合年収が150万円を下回ることはほとんどありませんので50万円までなら貸しても問題はないと考えるのだろう。

 

でも、アルバイトやパートの場合は、50万円以下のキャッシングを希望しても収入を証明する給与明細の提示を求められることがあります。収入証明書となる源泉徴収票などは、事前に準備をしておかないとすぐには手に入らないことが多い。

 

勤めている先に収入証明の発行を申請をして1週間ほどかかると思ったほうがいい。

 

収入証明書がないと借り入れができない場合がありますので注意をしてほしい。

 

借りる金額にかかわらず、借り入れを行う時には必ず年収は確認をされる。キャッシングを申し込む前に自分の前年度の年収くらいは、把握しておいたほうが審査に通りやすいはずだ。

 

会社の住所と電話番号を把握しておく

 

インターネット申込の場合は自宅で手続きをすることが多いので問題ないが、無人契約機などを使ってキャッシングの審査を申し込む場合は外出先での手続きとなる。
キャッシング審査に申し込むと

  • 勤め先の会社名
  • 会社の住所
  • 会社の電話番号

の記載を求められることが多い。記憶をしているのなら問題はないが、会社の住所などは記憶をしていない場合も多いはずだ。

 

それでは、審査の申し込みができない場合も出てきてしまう。

 

そうならないために、名刺や情報を確認するなどして申込をできるように十部をしておくことを進めるぞ。

 

・他社からの借り入れ金額を把握しておく

最後に他社からの借り入れ情報は必ず把握しておいてほしい。

 

キャッシングの審査の申し込みをする際に、他社からの借り入れ額については必ず確認をされる。

  • 何社から借り入れがあるのか?
  • 総額でいくらの借り入れを行っているのか?

3社から80万円くらい借り入れがある。これくらいの情報は抑えておいたほうがいいだろう。

 

借入額が総量規制の年収の1/3を超えてしまっている場合には、新たに借り入れをすることはできないと思ったほうがいい。

 

他社からの借り入れに額については、あなたがいくら隠そうとしてもキャッシングサービスやカードローン側は、信用情報機関にアクセスをするあなたのキャッシングの借り入れ金額や返済状況などはバレていると思ってくれ。

 

滞納することなく返済をされているか?という情報をばっちり見られてしまいますので、隠すだけ無駄ということだ。

 

情報を隠していると審査には不利になっても、審査で有利になることはない。

 

キャッシングの審査に通りたいと思えば、隠し事をせずに申告をすることを進めるぞ。

 

 

審査に通るための知恵を書いてみた。

 

 

キャッシング審査を無事に通るためには、

 

申請書類に誤った記入をしないこと。特に電話番号に気を付けろ!
10万円〜30万円ほどの借入額ならすんなり審査が通ることが多い
自分の年収情報は事前に確認をしておく
他社からの借入額は事前に把握しておく

 

これから借り入れを行う、借り入れ初心者の方は是非参考にしてみてください。

初めてのキャッシング ユーザー申込みランキング

プロミス

プロミスの特徴

インターネット申込は24時間365日受付。WEBで契約なら最短1時間で振込での融資が可能。 土日祝日でもカード発行してもらいお金を引き出せる。指定の銀行口座を持っていれば24時間、口座振込でお金を借りられる。初めてプロミスを利用する人なら30日間無利息サービスが使える ※メールアドレスの登録とWeb明細利用登録をした人が対象


利率 4.5%〜17.8%円
評価 評価5
備考 プロミスは、金利が安くて、借りるまでが早い!

詳しくはこちら


SMBCモビット

SMBC モビットの特徴

職場や家族にバレたくないという人に最もおすすめ。Web完結申込なら、電話連絡なし・郵送物なし・カード発行なし。申込手続きはすべてネットで完結。来店不要で即日融資も可能。 ※当日のお借り入れをご希望の場合、申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱となる場合があり。
※Web完結の利用は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通口座を持っていることが条件。


利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価5
備考 バレずにお金を借りるなら、絶対SMBCモビットのWEB完結申込

詳しくはこちら


はじめてのアコム

アコムの特徴

審査回答まで最短で30分、融資まで最短1時間のスピードサービス。初めての利用なら、30日間無利息サービス。ネットで申込をすれば来店不要で即日融資が可能。楽天銀行に口座があれば原則24時間365日最短1分で現金振り込み。スマホアプリ「アコムナビ」なら借り入れから返済までお金を簡単に管理。

利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価4
備考 急にお金が必要になった人におすすめ

詳しくはこちら


わかってるアイフル

アイフルの特徴

1000円から借り入れができる。50万円までの借入なら収入証明書が不要。(他社から借り入れがない場合)。初めて利用の人なら最大30日間無利息審査は最短30分、最短1時間でカード発行から融資まで完了。全ての手続きがネットでできるから来店不要。主婦でもパート・アルバイトもOK、定期収入があれば借り入れできる!

利率 4.5%〜18.0%円
評価 評価4
備考 1万円からの少額の借入と女性やパート主婦におすすめ
アイフルのプラス情報

女性向けカードローン「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちらから ↓↓ アイフルのスラリ


詳しくはこちら


レレレイク

新生銀行カードローン レイクの特徴

銀行なので安心。初めてレイクを利用する人なら、最長180日間の無利息サービス(5万円分のみ)、5万円までの少額を借入れなら半年間の無利息サービス。女性専用窓口があるので女性でも安心。定期収入のあるパートやアルバイトでも申し込みができます。

利率 4.5%〜18.0%円
評価 評価4
備考 銀行だから安心!選べる2つの無利息サービスがおすすめ

詳しくはこちら


希望別 お金を借りる方法

バレずにお金借りる 即日 キャッシング
バレずにお金借りる 今すぐ お金借りたい
低金利で借りる 郵送物なし カードローン
安い金利 お金借りる 郵送物なしのキャッシング
無利息で借りる シニア向けカードローン
利息なしで借りる シニア向けキャッシング
おまとめローン 電話連絡なし
カードローン一本化 在籍確認なしのキャッシング