J.Score(ジェイスコア)はAI審査の新型カードローン

J.Score(ジェイスコア) のおすすめポイント

ジェイスコア お金借りる

J.Score(ジェイスコア)は、あまり聞いたことのないと思う。でも、スゴくおすすめの銀行系カードローンなんだ。

 

最短30秒の仮審査最速30分で融資といわれるジェイスコアの充実したサービスの内容は、見てもらえればわかるだろう。

低金利 年0.8%〜12.0%

まずびっくりするのが、この低金利なんだ。年利は0.8%〜12.0%となっている。ここで感のいい人はピント来たかもしれない。「どうせ、上限の1000万円を借りないと年利0.8%では借りられないんだろう!」でも、ジェイスコアは違うんだ。10万円お金を借りても0.8%で借りれる可能性があるんだ。これはずごいぞ。

 


チェック!

10万円でも0.8%の金利で融資の可能性がある!

限度額 10万円〜1000万円

低金利の設定なのに10万円からお金を借りることができるんだ。気軽に申込めるのはありがたい。上限額は総量規制で年収の1/3までしか借り入れができないが1000万円の上限額となっているのは心強いだろう。10万円〜1000万円なら様々なシーンで利用ができるはずだ。

審査時間は最短30秒

審査は最短で30秒となっている。これは、AIスコア・レンディングといって仮審査をAIが行ってくれるからなんだ。様々な情報からあなた個人にあった借入限度額と金利を算出してくれる。事前の情報入力が完了していればボタンを押して30秒で「160万円を10%で借りれる。」というような具体的な金額と金利がわかってしまうんだ。

 


チェック!

仮審査は最短30秒。具体的な金額と金利がわかってしまう。

融資スピードは驚きの最短30分

融資は最短で30分で行えるんだ。仮審査は最短30秒で終わるので金利と貸出上限額に納得がいったら本審査となる。本審査は、WEBで身分証明書を送付するんだ。あとは信用情報機関に照会をかけてお金を貸せるか判断をしてくれる。

 


チェック!

今日中の即日融資は、平日8:10〜14:45に申込を完了させよう!

低金利、30分融資のジェイスコアはこちら

AIレンディングのジェイスコア

ジェイスコアの特徴

インターネット限定申込となっている。年利は0.8%〜12.%と銀行並みの低金利。審査が最速30秒!融資は最短30分急いで借りたい人にはお勧めのサービスとなっている。 手持ちの銀行口座への振込融資なので、来店もカードの受け取りも不要となっている。

年利 0.8%〜12.0%
評価 評価5
備考 低金利、スピード融資、ネット完結と3拍子揃ったカードローン

詳しくはこちら

J.Score(ジェイスコア)の申込方法について

ジェイスコア 申込方法

J.Score(ジェイスコア)の申込方法は2パターンある。1つ目は、すぐに申し込みをしたい人向け。

>> すぐにジェイスコアに申し込む!

 

2つ目は、確実にお金を借りたい人向けになる。その場合は、アンケートに答えて自分の偏差値のようなスコアをだしてから、カードローンの申込をするんだ。AIスコアによって借りれる金額や金利が決まっているのでまずは、自分のAI スコアを出してほしい。詳しく申し込みの流れを説明していこう。

 

借り入れ条件

AIスコアをもとにお金を貸すのでAIスコア・レンディングといわれているんだ。基本的にはキャッシングやカードローンの新しい形ととらえればいいだろう。担保や保証人なしにお金を借りることができるサービスになっている。お金を借りる条件を見ていこう。

J.Score(ジェイスコア)の借入条件

  • AI スコア 600点以上
  • 満20歳以上、満70歳以下
  • 定期的に収入がある人

 

AIスコアが600点未満の場合、は利用ができないんだ。これがほかのキャッシングやカードローンとは大きく違うところだろう。。学生・留学生・アルバイトであっても定期的に収入をもらっている人であれば申し込みはできるぞ。

 

AI スコアを出してみよう

AI スコアの出し方を説明していこう。申込はスマホかパソコンになる。メールアドレスの登録さえすればAI スコアを出すことができる。必要なのはメールアドレス。メアドがあればAI スコアがわかるんだ。画面操作についても詳しく説明をしていくぞ。

 

AI スコアの診断の進め方 ガイド

AI スコア診断のスタート画面になる。いますぐAI スコア診断(無料) を押してすすもう。

 

ジェイスコア診断のスタート画面

 

>>AI スコアの算出はここから!

 

ジェイスコアのメールアドレス入力画面
メールアドレスを入力しよう。おっちゃんはG-mailで登録したぞ。フリーアドレスでも登録ができる。パスワードは、大文字と小文字数字を組み合わせた8文字以上を指定しよう。

 

「同意事項を確認(必須)」 を押してすすもう。

 

ジェイスコア
同意事項の確認をしないと先には進めないぞ。同意事項の確認が済んだら、「アカウント作成」を押してくれ。

 

ジェイスコア
すると、登録したメールアドレスに認証コードが届く。メール内のリンクをクリックして以下の登録画面に進もう。

 

画面に認証コードを入力するとこんな画面に飛ぶはずだ。この画面からログインをしよう。
ジェイスコア

 

AI スコア診断の質問に回答しよう

ここからAI スコアの診断に移っていく。チャットの質問に答えていだけでいい。質問は、20問。おっちゃんが入力にかかった時間は、3分くらい。

 

質問はこんな内容になる。おっちゃんがリアルに入力した内容を書いておくぞ。参考にしてほしい。

ニックネーム

おっちゃん

 

生まれた年月

197*年10月

 

性別

もちろん男だ!

 

最終学歴

高校

 

雇用形態

雇用形態は正社員
おっちゃんは、契約社員だ。入力画面は、こんな感じなんだ。質問を1つ答えると次の質問をしてくれる。LINEチャットと同じ進み方になる。

 

仕事の業種

サービス業
その他のサービスになる。

 

職種

人事・総務

 

会社の規模

10人以上の非上場会社

 

勤務年数

2010年6月から勤めているぞ。

 

年収

これも書いておこう。420万だ。

 

結婚

結婚しているぞ。

 

子供

子供は3人いる。

 

同居家族

嫁さんと子供も以外は同居していないので「なし」になる。

 

住宅の郵便番号

都内に住んでいる。郵便番号は非公開にしておくぞ。

 

住居タイプ

賃貸マンションにすんでいる。

 

居住年数

ずいぶん長いこと住んでいるが、15年以下だ。

 

住宅ローン・教育ローン とは別に無担保ローンを借りているか?

キャッシングやカードローンを借りているかだな。今は、借りていない。過去は、たんまり借りていた。

 

おっちゃんが捨て身の回答で、AIスコアを出してみた。ここまで入力をするとAI スコアがわかるんだ!

 

おっちゃんのAI スコアは?

おっちゃん、696点をもらえたぞ!600点以上は、お金を借りられるんだ。おっちゃんの条件ならお金を貸してもらえるということだな。J.Score(ジェイスコア)を利用するときの目安にしてほしい。
AI スコア

 

次は、借入申込に進んでいくぞ!

 

借入申込をしよう

AI スコアの診断が終わったら、600点以上のAIスコアがあることを確認しよう。600点以上のスコアがあればレンディングが受けられる。お金を借りたい人は申込をどのように進めればいいのかここで解説をしていこう。

 

借入申込 -仮審査でいくら借りられるか確認しよう

AI スコアを出した流れでそのまま申込するのが迷子にならなくておススメだ。

 

キャッシングの審査と申込に進んでいこう

 

そのまま、画面の「レンディング(貸付)条件はこちら > 」を押してほしい。すると金利と借りられる金額がわかるんだ。

 

ジェイスコア
おっちゃんのお金を借りられる上限額と金利になる。

おっちゃんの条件はこんな感じ

おっちゃん年齢 アラフィフ
雇用形態 契約社員
年収 420万円
雇用年数 7年
住居 賃貸マンション

ジェイスコアの金利と上限金額

AI スコア 696
貸出上限額 140万円
年利 9.6% ※これは低金利だ!

 

おっちゃんは、赤裸々に入力をしたのでジェイスコアに申込をすれば149万円を9.6%で借り入れることができる。

 

ウソの入力をしても本審査で住所や会社情報を入力することになる。他社から借り入れをしていれば信用情報への照会もかけるのでキャッシングやカードローンの借り入れ状況はすぐにわかってします。本当の情報を素直に登録して借りられる金額と金利を確認したほうがいいだろう。

 

次に本審査申し込みに進んでいこう。

借入申込 -本審査でお金を借りよう

本審査を受けるためには氏名や住所、会社情報などの審査情報を提供する必要がある。

 

ジェイスコア
手続きを進めるには、下の画面の「お申込み・審査状況確認」を押してほしい。

 

ジェイスコア
画面が移ったら、「レンディング申込(審査申込)」を押してくれ。

 

ジェイスコア
この画面では、借入の条件が説明をされている。例えば、担保や保証人は不要であるなどの説明、金利や貸し出し上限額などが記載されている。内容を確認してページの一番下にある「お申込み開始」ボタンを押そう。

 

ジェイスコア
個人情報の利用などの同意をする必要がある。赤丸の部分のチェックが青に変わらないと進められないので、必ず各同意確認をしてから一番下の「上記規約に同意する」のボタン通してほしい。

 

お金借りるための申込み情報の入力

規約への同意が終わると申込情報の入力画面に移行する。申し込み情報の入力項目は以下になる。

 

個人情報

名前、住所、家族構成など

 

会社情報

給料日
保険の種類(健康保険、共済保険、国民健康保険、船員保険、そのた)

 

借入希望

希望額や他社からの借入金額を入力するんだ。

 

ジェイスコア

 

借入の理由を回答するんだが、回答は下の画像のようにチェックを入れるだけの簡単なものになっているので安心してほしい。
ジェイスコア

 

審査は、30分程度で完了をする。審査が通れば、身分証明書を提出すれば契約ができるんだ。ネットで完結するので電話連絡はなしと考えていい。もちろんカードの発行もない。指定した銀行口座にお金を振り込んでもらう形式になっている。

J.Score(ジェイスコア)の金利について

ジェイスコア 低金利 お金借りる

J.Score(ジェイスコア)の特徴の一つは金利なんだ。もちろん低金利のことだ。

 

どんな金利が付いているのかというと、年0.8%〜12.0%の低金利での融資をしてくれるんだ。

 

なんでこんなに安い金利なのか気になるところだろう。J.Score(ジェイスコア)が金利を低くできる理由についてここで徹底的に解説をしていこう。

J.Score(ジェイスコア)が金利を安くできる理由

金利をやすくできる理由は2つあるといわれている。一つはAI(人工知能)による審査を導入していること。もう一つは、店舗を持っていないことなんだ。

AI審査

キャッシングやカードローンでは、人が申し込み情報を見てお金を貸すかどうかを判断しているんだ。でも、ジェイスコアはAI(人工知能)に審査を任している。これができるのは、ソフトバンクの技術とみずほ銀行の融資ノウハウがあるからとされているんだ。あなたが入力した情報をAI(人工知能)が、いろんな角度から考えてお金を貸しても大丈夫か?返済をしない人ではないのか?という様々なことを検討して、お金の貸し出しを判断しているようなんだ。

 

人が審査をするわけではないので仮審査30秒という速さが可能になっている。それに、コンピューターだから人件費もかからない。その浮いたお金を安い金利という形で利用者に還元しているんだ。

 

無店舗運営

店舗を持っていないのも低金利でお金を借りれる理由になっている。店舗がないので家賃がない。店舗で勤務するスタッフもいないので給料を払う必要がない。だから、CMで有名なプロミスやアコム、アイフルは全国に店舗があるし、店舗にはスタッフがいる。その分、ジェイスコアよりもお金がかかっているんだ。

 

ジェイスコアは、店舗がなくスタッフが少ない分、お金を借りたい人に低金利で還元をしているんだ。だから、消費者金融なのに年0.8%〜12.0%の低金利でサービスが提供できるんだ。

 

低金利には、ちゃんとした理由があるんだ。

ジェイスコアの年利0.8%〜12.0%はどれほどなのか?

キャッシングと銀行カードローンと比べてみた。個人が気軽にお金を借りるのは、消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンがある。銀行のカードローンのほうが金利が安いといわれているんだ。実際に上限は14%台が多くてキャッシングに比べると金利は安い。じゃあ、なんで18%などの金利を払ってキャッシングでお金を借りるのか?それは即日融資ができるからないんだ。

金利の安い銀行カードローン
即日融資ができる消費者金融のキャッシング

 

では、ジェイスコアはどうなのか?金利をキャッシングとカードローンと比べてみよう。

AI スコア レンディング

サービス名 年利 借入上限額
ジェイスコア 0.8〜12.0% 10〜1000万円

消費者金融 キャッシング

サービス名 年利 借入上限額
プロミス 4.5%〜17.8% 1〜500万円
アコム 3.0%〜18.0% 1〜800万円
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 1〜800万円
アイフル 4.5〜18.0% 1000円〜500万円

スルガ銀行グループ
ダイレクトワン

4.9〜20.0% 1〜300万円

銀行系カードローン

サービス名 年利 借入上限額
三井住友銀行カードローン 4.0〜14.5% 10〜800万円
オリックス銀行カードローン 1.7〜17.8% 10〜800万円

三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック 

1.8〜14.6% 10〜500万円

 

ジェイスコアは最短30分融資にも対応をしているんだ。金利は安い融資までが早い現在最強の消費者向けの金融サービスといえるかもしれない。

 

どうせ年0.8%で借りられないと思っていませんか?

正直、年0.8%の低金利でお金を借りるのは中々むつかしいかもしれない。消費者金融の場合、50万円ほどの借入は18.0%が基本となっているからだ。借入金額が100万円になると金利は15%になり借入が高額になるほど金利は下がっていくんだ。

 

だがジェイスコアは違う。その人の収入や普段の生活習慣や趣味や週末の過ごし方などもお金を貸し出す時の審査対象にしている。AI(人工知能)がそれらを全て検討してあなたの金利と融資額を決めるんだ。

 

わかりやすく言うと、

年収:1000万円、喫煙者、いつも自宅にこもっている

 年利18%、貸出額100万円

年収300万円、健康オタク、趣味スポーツ

 年利9%、貸出上限80万円

 

というようなことが起こるんだ。これは例なので300万円の健康な人が、年利9%でお金を借りられるわけではないので注意してほしい。
10万円しか借りないのにその人の条件によって、0.8%でお金を借りられる可能性があるんだ。これがスゴイ。今までにないサービスといえるんだ。

 

>>AI がおっちゃんを診断した結果はこちら!!

体験談!年利9.6%で借りられた

実際におっちゃんは、AI(人工知能)に診断をしてもらった。
ジェイスコアは、お金を借りる前にAI スコアという点数を出すんだ。この点数が600点を超えるとおキャッシングの申込ができるんだ。

 

そこで、AI スコアを出してお金を借りてみたんだ。結果は、696点で140万円を9.6%で借入ることができると診断された。証拠の画像を掲載しておこう。

AI スコア696点

 

おっちゃんは、年利9.6%で140万円まで借りられると診断をされた。

 

ジェイスコアの借入額と金利

 

お金が借りたいと思えば、そのまま本申込に進むことでお金を借りることができるんだ。

 

キャッシングでは、100万円を借りると金利は15.0%になる。ジェイスコアで100万円借りたときの9.6%はキャッシングで借りるのと比べてどれくらいお得なのかを表にしてみよう。

年利9.6%と15.0%の返済額の差

項目 キャッシング ジェイスコア

年利

15.0%

9.6%

借入額

100万円

100万円

返済回数

80回

80回

毎月の返済額

21,548円

16,972円

総返済額

1,723,840円

1,357,760円

差額

-

−366,080円

J.Score(ジェイスコア)の仮審査は最短30秒

ジェイスコアの仮審査

J.Score(ジェイスコア)の仮審査はとにかく早いんだ。業界最速といっていいだろう。その速さ、最短30秒。

 

しかも、仮審査とは言っても実際に借り入れる金額と金利を提示してくれるんだ。この速さと正確さには驚くしかない。

 

通常では考えられない仮審査の速さなんだがどうしてそんなに早い仮審査ができるのかをここで解説をしていこう。

ジェイスコアの仮審査が最短30秒で完了する理由

ジェイスコアの仮審査が最短30秒で完了する理由は2つあるんだ。

1、事前の情報登録(AI スコア)
2、AI 審査

これがその2つ。それぞれ説明をしていこう。聞きなれない言葉だからな。

事前の情報登録(AI スコア)

これは、おっちゃん的にいうと、「人生偏差値」って感じだな。なんだそれって思うかもしれないが言葉の通りで、おっちゃんがAI スコアを出せば、それがおっちゃんの人生偏差値というわけだ。
最高は1000点で自分の現状を入力することで、自動でAIスコア(人生偏差値)を診断してくれるんだ。

 

例えば、30歳で正社員で会社に勤めていて勤続は8年ほど。週末はサッカーで汗を流す。年収は800万円となれば、AI スコアは800点というように高くなる。20代で、年収は300万円、派遣社員で趣味はパチンコとなると、AIスコアは500点と診断をされたりするんだ。

 

18個の質問に答えるとそのデータをもとにAI(人工知能)が、分析をするんだ。そしてAI スコア = 人生偏差値を出してくれる。怖いようで、試してみたい。そんな数値になっているんだ。

 

AI審査

AI審査は、AI スコアをもとにお金を貸せるかの審査をするんだ。プロミスやアコムやアイフルなどは人が審査をする。だが、ジェイスコアはAI(人工知能)が審査をするんだ。

 

そのため審査が早い。とてつもなく速いんだ。人工知能ってIQ 4000ともいわれているからな。人間で天才と呼ばれるような人はIQ 130くらいだぞ。最短30秒という審査の速さの秘訣はここにある。

 

そして、10万円の借入でも3.0%なんて条件も飛び出してくるんだ。今までのキャッシングでは考えられないことなんだ。50万円までの借入は、18.0%が基本だからな。AI仮審査は、その人の収入だけではなく将来性や健康面なども考慮して審査を行っているといわれている。だから、少額の融資でも低金利が実現するんだ。

 

本当に適正な金利を提示できるのが、AI審査だといえる。

J.Score(ジェイスコア)の仮審査は金額と金利がわかる

キャッシングやカードローンの借入額をシミュレーションするときには、年収と他社での借入額を入れると自動的に出てくる。計算式はこうだ。

 

キャッシングやカードローンの場合

年収×3分の1−他社での借入 = 借りられる金額

キャッシングの金利の決め方はどうなっているのかというと、この表のように借りる金額で金利は決まっているんだ。

 

ジェイスコアの場合

J.Score(ジェイスコア)で大きく違うのは、金利になる。ジェイスコアの年利は0.8%〜12.0%になっている。一番高い金利が年12.0%となっているんだ。

 

そして、AI(人工知能)のスピード仮審査で、30秒で金利がわかる。実施におっちゃんが仮審査をしてみたら、年利9.6%と表示された。お金を借りたいときに金利がすぐにわかるのは今までにない革命的なサービスなんだ。

 

仮審査は未来の収入も予測している

ジェイスコアのAI審査は、あなたの未来も予測して金利や借入上限額を決めているといわれている。

例えば、某有名企業に勤めている。でも、入ったばかりの新入社員22歳。これから収入は上がっていく。だから貸しても大丈夫。

こんな感じで、AIはあなたの未来を予測して金利や借入額の上限を診断しているんだ。だから、将来自分は有望と思うのならジェイスコアで仮審査を受けると思いのほか安い金利でお金を借りられる。なんてことが起こるかもしれない。

 

実際には、もっと複雑に様々な要素を考慮して金利も借入額も決めることになるが、将来を予想してお金を貸してくれるのはAIならでは、ジェイスコアならではの審査方法といえるだろう。
AI審査は、本当の自分の返済能力にあった融資をしてくれるということなんだ。

 

仮審査で金額と金利がわかるメリット

ジェイスコアの仮審査は、18個の質問に答えてお金を借りたいとボタンを押すだけで仮審査が完了する。たったの3ステップでいいんだ。3ステップにかかる時間は5分程度だろう。

仮審査で借入金額と金利を出す流れ

メルアドでアカウントを作る
18個の質問に答えてAI スコアを出す
お金を借りる(レンディングの仮審査)

 

最大のメリットは、審査に通れば低金利の年12.0%がほぼ確定するということだ。それが数分でわかってしまう。とりあえずジェイスコアを利用して借入額と金利の確認をするのはいいだろう。そのあとで他のカードローンやキャッシングを検討するのが賢いお金の借り方といえるかもしれない。

ジェイスコアを申込

AIレンディングのジェイスコア

ジェイスコアの特徴

インターネット限定申込となっている。年利は0.8%〜12.%と銀行並みの低金利。審査が最速30秒!融資は最短30分急いで借りたい人にはお勧めのサービスとなっている。 手持ちの銀行口座への振込融資なので、来店もカードの受け取りも不要となっている。

年利 0.8%〜12.0%
評価 評価5
備考 低金利、スピード融資、ネット完結と3拍子揃ったカードローン

詳しくはこちら

 

J.Score(ジェイスコア)は話題沸騰中のAIで審査の新型カードローン記事一覧