キャッシングに必要なものをそろえるには?

キャッシングに必要なものをそろえるには?

お金借りる

そもそも、キャッシングをしたいときにどんなものを自分で準備しなければいけないのかってことだな。

 

いきなり、店舗にいって「お金かして!」言っても、頭がおかしいやつと思われるだけだからね。

 

キャッシングに必要なもののそろえ方をここで説明しておこか。

 

 

借りる金額によって必要なものが換わるって本当?

 

キャッシングに必要になってくるものは、借入希望額によって違ってくる。

 

これを知っているのと知らないとでは、あたふた具合が変わってくるぞ。

 

 

簡単にまとめると

 

 

借入額

 

 ・50万円以下・・身分証明書・会社情報
 ・50万円以上・・身分証明書・会社情報・収入証明書類

 

 

となる。

 

50万円という借り入れ額によって収入を証明する書類の提供を依頼されるんだな。

 

だから、ポイントは、

 

 ・1万円〜50万円以下の借り入れを希望するのか?
 ・50万円以上の借り入れを希望するのか?

 

ということ。

 

 

50万円までのキャッシング審査を希望の場合・・

 

50万円までのキャッシングなら、とりあえず

 

 ・身分証明書

 

それに、務めている会社の
 ・会社名
 ・住所
 ・電話番号

 

これさえわかっていれば借り入れが出来てしまうと考えていい。

 

会社の電話番号は、本人確認をすることが目的になる。
だから、自分が勤めている部署の電話番号を教を準備しましょう。

 

大会社の大代表を書いても本人確認が出来なくて審査に落ちるなんて悲劇が起こりかねない。

 

この本人確認の電話は、ほぼ必須だからあきらめて電話を受けるしかないと考えたほうがいい。

 

それともうひとつ、50万円以下の借り入れ審査であれば、法的に収入の証明を義務つけられていない。
そのため、収入の確認が省かれることが多い。

 

ただ、あなたの職種や所属会社などの条件によっては、収入を証明する書類の提供を求められることもあるので、確実に借り入れをしたいと思うなら、収入を証明する書類を準備しておいたほうが安心ではある。

 

 

50万円を越えるのキャッシング審査を希望の場合・・

 

50万円を超えるお金を借りる時には、自分の収入を証明する書類が必要になります。

 

これは、50万円を超える金額の貸し出し審査をする場合には、本人の収入確認が法律で義務つけられているからなんだ。
だから、必ず収入を確認する書類が必要になると考えてくれ。

 

ちなみに、収入を証明する書類は、この3種と考えればいい。

 

<収入を証明する書類>

 

 ・源泉徴収票
 ・給与支払明細書 (直近2〜3ヶ月分)
  ※ 賞与明細書(直近1年分)があればなお良し。
 ・確定申告書

 

 

給与明細

給与明細ってパッと見て捨てるやつもいるやろ。
そんなことをせずに半年間分程度は給与明細は手元においておいたほうがいいぞ。

 

毎月の給与明細と確定申告書は手元にあるとことが多いんだけど、
源泉徴収票の場合は、会社で発行をしてもらう必要があルカら注意が必要。

 

源泉徴収票

源泉徴収票は、自分の会社に発行をお願いして1週間後に受け取れるくらいのイメージをしておいたほうがいい。

 

たいていは、年に1回会社から源泉徴収票を受け取るもの。
これをちゃんと保管しておくことだな。

 

源泉徴収表は、お金関係の手続きをするときに意外と使う機会が多い書類だからな。

 

収入を証明できる書類は、すぐにお金が必要となる前に申請をして手元に置いておくほうが賢いといえるな。

 

確定申告書

確定申告書は、会社務めだけど副収入があるとか自営業とかの人が1年に一度確定申告をしているはず。
税務署で、あなたの年収はこれだけと認定をしてもらう行為なので、その書類を提示すれば年収を証明できるわけ。

 

 

キャッシングを申し込むのに必要なのは、こういった書類と情報になるんだな。

 

 

まとめ

 

借金親父

 

じゅあ、わかりやすいように要点だけおっちゃんがまとめるで。

 

ここのまとめだけを見れば、さっと分かるやろ。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 ・キャッシング審査に必要なものとは?

 

  ・借入額50万円までの審査申し込みの場合
    ・身分証明書
    ・会社情報

 

      会社情報=会社名・所在地・電話番号
       ※電話番号は自分の部署の電話番号を準備すること!

 

  ・借入額50万円以上の審査申し込みの場合
   ・身分証明書
    ・会社情報

 

      会社情報=会社名・所在地・電話番号
       ※電話番号は自分の部署の電話番号を準備すること!

 

   ・収入証明書類

 

      収入証明書類=給与明細(およそ3か月分)
                 源泉徴収票
                 確定申告書  のいずれか

 

 

 

借り入れ金額が50万円を超えると、いろいろと手がかかるようにもなるので、事前の準備が必要といえるよね。

 

いきなり50万円以上を借りたいといっても借りられないってことだね。

 

なので、50万円までのキャッシングまでが気軽に借り入れできる上限額と考えていいと思うよ。


初めてのキャッシング ユーザー申込みランキング

プロミス

プロミスの特徴

インターネット申込は24時間365日受付。WEBで契約なら最短1時間で振込での融資が可能。 土日祝日でもカード発行してもらいお金を引き出せる。指定の銀行口座を持っていれば24時間、口座振込でお金を借りられる。初めてプロミスを利用する人なら30日間無利息サービスが使える ※メールアドレスの登録とWeb明細利用登録をした人が対象


利率 4.5%〜17.8%円
評価 評価5
備考 プロミスは、金利が安くて、借りるまでが早い!

詳しくはこちら


SMBCモビット

SMBC モビットの特徴

職場や家族にバレたくないという人に最もおすすめ。Web完結申込なら、電話連絡なし・郵送物なし・カード発行なし。申込手続きはすべてネットで完結。来店不要で即日融資も可能。 ※当日のお借り入れをご希望の場合、申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱となる場合があり。
※Web完結の利用は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通口座を持っていることが条件。


利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価5
備考 バレずにお金を借りるなら、絶対SMBCモビットのWEB完結申込

詳しくはこちら


はじめてのアコム

アコムの特徴

審査回答まで最短で30分、融資まで最短1時間のスピードサービス。初めての利用なら、30日間無利息サービス。ネットで申込をすれば来店不要で即日融資が可能。楽天銀行に口座があれば原則24時間365日最短1分で現金振り込み。スマホアプリ「アコムナビ」なら借り入れから返済までお金を簡単に管理。

利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価4
備考 急にお金が必要になった人におすすめ

詳しくはこちら


わかってるアイフル

アイフルの特徴

1000円から借り入れができる。50万円までの借入なら収入証明書が不要。(他社から借り入れがない場合)。初めて利用の人なら最大30日間無利息審査は最短30分、最短1時間でカード発行から融資まで完了。全ての手続きがネットでできるから来店不要。主婦でもパート・アルバイトもOK、定期収入があれば借り入れできる!

利率 4.5%〜18.0%円
評価 評価4
備考 1万円からの少額の借入と女性やパート主婦におすすめ
アイフルのプラス情報

女性向けカードローン「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちらから ↓↓ アイフルのスラリ


詳しくはこちら


レレレイク

新生銀行カードローン レイクの特徴

銀行なので安心。初めてレイクを利用する人なら、最長180日間の無利息サービス(5万円分のみ)、5万円までの少額を借入れなら半年間の無利息サービス。女性専用窓口があるので女性でも安心。定期収入のあるパートやアルバイトでも申し込みができます。

利率 4.5%〜18.0%円
評価 評価4
備考 銀行だから安心!選べる2つの無利息サービスがおすすめ

詳しくはこちら


希望別 お金を借りる方法

バレずにお金借りる 即日 キャッシング
バレずにお金借りる 今すぐ お金借りたい
低金利で借りる 郵送物なし カードローン
安い金利 お金借りる 郵送物なしのキャッシング
無利息で借りる シニア向けカードローン
利息なしで借りる シニア向けキャッシング
おまとめローン 電話連絡なし
カードローン一本化 在籍確認なしのキャッシング