源泉徴収票なしでお金借りれる

源泉徴収票なしでお金借りれる?

源泉徴収票なしでお金を借りられるのか?について説明をしておこう。

 

源泉徴収票なしでもキャッシングやカードローンでお金を借りる方法はある。

 

ではどうすればいいのかだな。

 

キャッシングの申込をするときに注意するポイントはいくつかある。

 

源泉なしでお金を借りるポイント

 

  • 消費者金融のサービスでお金を借りること
  • 50万円以下の借入申請をすること
  • 他社も併せて100万円以下の借入であること

 

これは絶対条件だといえる。

 

さらに、お金を借りるを確実にするのなら

 

  • 給与明細 3か月分を準備すること

 

源泉徴収票を発行してほしくてもパートやアルバイトであったり職についていなかったりすることも考えられるよな。そんな時の対処法を伝えよう。ただしこれは、確実に通用するわけではない。運が良ければ審査にと終える程度に考えてほしい。

 

基本的には、収入がない人はお金を借りるのはむつかしいんだ。審査次第ではあるんだがな。

 

源泉徴収票が手に入れられない場合は、借り入れをする金額を低く抑えるしかない。低く都はどれくらいかということなんだが、50万円が上限となる。もちろん低いほうが借りやすいので、30万円、20万円、10万円、5万円と借り入れる金額が低いほど審査に通る可能性は高くなるといえるんだ。

源泉徴収票が準備できないのならなるべく低い金額で申込をする!

というのを覚えておいてほしい。

 

源泉なしなら、消費者金融のサービスでお金を借りること

消費者金融のサービスでお金を借りるのがポイントなんだ。お金を借りるには、銀行系のカードローンと消費者金融系のキャッシングがあるんだ。
銀行系のカードローンは源泉徴収票や給与明細の提示を求められることが多いので源泉なしでお金を借りたいのならおススメはできない。消費者金融系のキャッシングの場合、源泉徴収票なしでお金を借りることができたりもする。

 

消費者金融系のサービス

プロミス
アイフル
アコム
SMBCモビット

これらが消費者金融のキャッシングサービスになっている。

 

50万円以下の借入申請をすること

50万円を境に審査基準が厳しくなるんだ。だから、50万円以下の借入れ申告をすることが重要なんだ。申し込みの時にいくら借りたいのかを必ず聞かれる。その時に60万円とか100万円としてしまうと源泉徴収票の提示が必須になると思ってほしい。50万円以下の場合には、収入を証明する書類の提出が法律では義務ずけられていないんだ。そのために、収入を証明する源泉徴収票や給与明細を提出しないでも契約をできることがある。源泉なしで申込をするなら、50万円以下で申込をしてほしい。

 

他社も併せて100万円以下の借入であること

他社も併せて100万円以下の借入に収まっていないと源泉徴収票や給与明細の提示が必要になるんだ。でも、これはウソの申告をしてもばれてしまう。例えば、既に120万円をほかのサービスで借り入れているとしよう。その場合に、他社で50万円借りています。申し込みの時に申告したところでこのウソば必ずバレることになる。バレれば、審査が厳しくなることが想像できるし、収入のチェックが入るのは当然といえるだろう。ウソをつけば、源泉徴収票の提示を求められると考えたほうがいい。

 

もし、他社で100万円以上の借入があるのであれば、収入を証明する書類の提出なしでお金を借りるのはむつかしいと考えたほうがいい。

 

給与明細 3か月分を準備すること

源泉徴収票が準備をしたくてもできない場合には、給与明細を準備しておくといいだろう。収入を証明するのに必要な書類は源泉徴収票だけではないんだ。給与明細を準備する場合には、
・直近の給与明細を準備すること
・3か月分の給与明細を準備すること

 

この2つがクリアできていれば、源泉徴収票がなくても契約を結べる可能性は高い。

 

給与明細もない場合には、すでに説明をした消費者金融のサービスで申し込むことと、50万円以下の借入額で申込むことで審査を受けてもらいたい。

 

源泉徴収票がない場合にほかにどのような収入を証明する書類があるのかをここに書いておく。
所得証明となる書類の一覧となる。所得証明が不要でキャッシングをするなら消費者金融のサービスで50万円以下の申込をおすすめする。

 

  • .給与所得の源泉徴収票
  • 給与支払明細書
  • 所得証明書(「課税証明書」「所得額証明書」)
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 青色申告決算書

初めてのキャッシング おすすめランキング ※当サイト調べ

プロミス

プロミスの特徴

インターネット申込は24時間365日受付。WEBで契約なら最短1時間で振込での融資が可能。 土日祝日でもカード発行してもらいお金を引き出せる。指定の銀行口座を持っていれば24時間、口座振込でお金を借りられる。初めてプロミスを利用する人なら30日間無利息サービスが使える ※メールアドレスの登録とWeb明細利用登録をした人が対象


利率 4.5%〜17.8%円
評価 評価5
備考 プロミスは、金利が安くて、借りるまでが早い!

詳しくはこちら


SMBCモビット

SMBC モビットの特徴

職場や家族にバレたくないという人に最もおすすめ。Web完結申込なら、電話連絡なし・郵送物なし・カード発行なし。申込手続きはすべてネットで完結。来店不要で即日融資も可能。 ※当日のお借り入れをご希望の場合、申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱となる場合があり。
※Web完結の利用は、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行に普通口座を持っていることが条件。


利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価5
備考 バレずにお金を借りるなら、絶対SMBCモビットのWEB完結申込

詳しくはこちら


わかってるアイフル

アイフルの特徴

1000円から借り入れができる。50万円までの借入なら収入証明書が不要。(他社から借り入れがない場合)。初めて利用の人なら最大30日間無利息審査は最短30分、最短1時間でカード発行から融資まで完了。全ての手続きがネットでできるから来店不要。主婦でもパート・アルバイトもOK、定期収入があれば借り入れできる!

利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価4
備考 1万円からの少額の借入と女性やパート主婦におすすめ
アイフルのプラス情報

女性向けカードローン「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちらから ↓↓ アイフルのスラリ


詳しくはこちら


はじめてのアコム

アコムの特徴

審査回答まで最短で30分、融資まで最短1時間のスピードサービス。初めての利用なら、30日間無利息サービス。ネットで申込をすれば来店不要で即日融資が可能。楽天銀行に口座があれば原則24時間365日最短1分で現金振り込み。スマホアプリ「アコムナビ」なら借り入れから返済までお金を簡単に管理。

利率 3.0%〜18.0%円
評価 評価4
備考 急にお金が必要になった人におすすめ

詳しくはこちら


希望別 お金を借りる方法

バレずにお金借りる 即日 キャッシング
バレずにお金借りる 今すぐ お金借りたい
低金利で借りる 郵送物なし カードローン
安い金利 お金借りる 郵送物なしのキャッシング
無利息で借りる シニア向けカードローン
利息なしで借りる シニア向けキャッシング
おまとめローン 電話連絡なし
カードローン一本化 在籍確認なしのキャッシング

源泉徴収票なしでお金借りれる関連ページ

水商売・風俗嬢でもお金を借りれる
キャバ嬢やホスト、ホステスさんもそうだし水商売は結構多いし、風俗嬢も多いんだ。そんな水商売や風俗嬢はカードローンやキャッシングでお金を借りられるのか?ちょっと気になるだろう。水商売の人がお金を借りる時の注意点などを解説していこう。
20代、30代、40代、50代、シニア世代のお金事情
20代、30代、40代、50代、シニア世代ではそれぞれお金事情が異なってくる。ほかの人たちはどのような理由でお金を借りるのかを調べてみたぞ。
お金を簡単に借入できるの?
お金を借りる時に簡単に借入可能なキャッシングやカードローンはあるのか?簡単に借入が可能な消費者金融について解説。さらに即日や今日中に借入可能なサービスがあるのかを解説しよう。
年金受給者でもお金を借りれる?
年金受給者でもお金を借りることができるのか?気になるところをおっちゃんが解説しよう。年金暮らしでお金が足りなくなることもある。そんな時どうやってお金を借りればいいのかを解説しよう。
公務員はお金を借りれるの?
公務員はお金を借りることができるのか?公務員の場合お金を借りやすいのか、お金を借りにくいのか?借金のことについておっちゃんが解説をしていこう。
専業主婦が借りれるカードローンは?
専業主婦が借りれるカードローンはあるのか?専業主婦で収入がない人には気になるところだろう。そんな疑問をおっちゃんが解説していこう。
即日キャッシング 1時間後
即日でキャッシングをしたいときに1時間後にお金を借りることはできるのか?1時間後にお金を借りるために必要なことをここで解説していこう。
急に現金が足りなくなったら10万円即日融資
急に現金が足りなくなったら10万円くらいを即日融資してほしいと思うものだ。そのために必要なことを伝えていこう。
女性の即日キャッシングの審査
女性が即日のキャッシング審査をする場合に男性との違いはあるのか?お金を借りタイ女性には気になるところだろう。女性が即日キャッシングするときの審査についておっちゃんが解説をしていこう。
仕事して3ヶ月でキャッシングできるのか?
仕事して3か月でキャッシングでお金を借りることはできるのか?働き始めの場合には、給料だけでは足りずにお金を借りる必要も出てくる場合がある。そんな時に3か月や半年などの短い勤務期間でお金を借りられるのかが気になるところだ。
休日に即日でキャッシングする方法
休日に即日でキャッシングをしたい場合もあるだろう。そんな時にどのサービスを利用すると土日や祝日などでもお金を借りやすいのかを解説していこう。どのサービスでもいいと言わけではないんだ。土日や休日の即日融資に強いキャッシングさーぶすがあるんだぞ。
すぐ借りる 限度額はいくらまで
すぐにお金を借りるときに限度額はいくらにするといいのか?即日や今日中にお金を借りることを優先させたいときにいくらの借入だと審査に通りやすいのかを解説していこう。
キャッシングの契約手続きは簡単に済ませよう!
キャッシングが初めての人は契約手続きについて何が必要なのか疑問があるだろう。契約手続きは簡単に済ませたいし、短時間で、早く終わるのがいいはずだ。その希望をかなえる契約手続きの方法をおっちゃんが解説していこう。
借金から抜け出したい
借金から抜け出すことはできるでしょう。でもそれなりの覚悟hが必要です。自分の生活を見直し収入と支出のバランスを取らなければなりません。
年利18パーセントの利息でお金を借りて大丈夫なの?
年利18.0%の金利でアコム、プロミス(17.8%)などのキャッシングでお金を借りた場合に利息はいくら払うのかを知りたい人は多いはず。ここでは、金利18%でお金を借りた場合の利息について解説していきます。シミレーションもできますよ。
【早わかり】 口座振込で即日キャッシングできる銀行口座
即日でお金を借りたいときに口座振込で即日キャッシングできる銀行口座は限られているんだ。プロミス・アイフル・アコム・モビットなど即日融資に対応をしている銀行口座はそれぞれに違う。どの銀行やネットバンクの口座を持っているといいのかを解説していこう。