仕事して3か月でキャッシングできるのか?

仕事して3か月だけどキャッシングできるの?

仕事をして3か月や半年や1年未満の場合にキャッシングでお金を借りられるのかを解説しよう。

 

答えを言えば、仕事を初めて3か月でもお金を借りることはできるんだ。

 

仕事を始めて1年未満の人がキャッシングでお金を借りる場合の注意点などを解説していこう。

 

仕事をして3ヶ月未満でいくら借りられるのか?

仕事を始めて3か月程度であってもお金借りることはできるんだ。
お金を借りたい場合には、給与明細を取っておくといいだろう。これが収入の証明になる。アルバイトでもパートでも定期的な収入がある人ならお金を借りることはできるんだ。

 

ではいくら借りられるかを考えていこう。

 

3ヶ月働いていれば2回分の給与明細があるはずだ。この2か月分の給与明細の金額がお金を借りられる金額を決めると考えていい。

 

12か月の見込み金額を計算しよう
給与明細2か月分の合計金額×6

 

アルバイトやパートの場合

例えば、給与明細1枚目=3万円、給与明細2枚目=4万円だった場合。
合計で7万円となる、1年の金額にするので6倍しよう。すると7万円×6倍=42万円となる。
これが、年間の見込み収入になるんだ。キャッシングでお金を借りられる金額は、年収の3分の1なので、42万円×1/3となる。

 

42万円×1/3=14万円

 

これが、借りられる金額だと考えてばいい。

 

契約社員や正社員の場合は、もうすこし金額が大きくなってくる。

 

正社員や契約社員の場合

例えば、給与明細1枚目=19万円、給与明細2枚目=21万円だったとしよう。
合計で40万円となる、1年の金額にするので6倍にする。すると40万円×6倍=240万円となる。
これが、年間の見込み収入になる。キャッシングでお金を借りられる金額は、年収の3分の1なので、240万円×1/3となる。

 

240万円×1/3=80万円

 

これが、借りられる金額だと考えてばいい。

 

源泉徴収票の提示を求められたら

仕事をして3ヵ月とか6ヵ月という場合には、見込み年収で申込をするしかないんだ。審査や契約の時に源泉徴収票を求められたら、正直に働きはじめて3か月とか6か月ということを伝えるようにしよう。アルバイトでもお金を借りることはできるので、勤務が3か月だからといってお金を借りれるなくなることはないトいっていい。

 

ウソをついて、年収が高いように見せても源泉徴収票の提示を求められたら「ありません」というしかない。結局はバレてしまう。
正直に3か月しか働いていないことを伝えたほうが印象はいい。

 

見込み年収の場合、借入金額は少なめになる

法律で年収の3分の1までお金を借りることができるんだ。だが、見込み何週の場合、本当にその年収になるのかはわからない。72万円の年収になるはずだったのにバイトを1年たたずに辞めてしまったら年収は大きく目減りする。すると、法律を破って年収の3分の1以上のお金を貸したことになってしまう。だから、見込み年収の場合には借りられるお金が年収の3分の1よりも低い金額になると考えておいたほうがいい。

 

収入が上がれば増額ができる

仕事して3か月や半年などの時にお金を借りた場合に、見込み年収でお金を借りることになる。すると説明したように借入額は見込み年収の4分の1程度になると考えたほうがいい。だが、1年間働いたときに見込み年収よりも収入が上がっていることもあるはずだ。その場合には、実際に年収に見合った金額を増額申請することで借りるお金を増やすことができるんだ。

 

見込み年収:240万円
借りられるお金:50万円

 

だったとしても実際の年収が上がったら増額申請で、借りるお金を増やすことができる。

 

実際の年収:300万円
借りられるお金:100万円

 

とすることができるんだ。増額申請は簡単にできる。各キャッシングやカードローンの電話等で増額をしてほしいと伝えれば手続きを進めてくれる。源泉徴収票などを準備しておけば間違いなく増額に応じてくれるだろう。

 

仕事をして3か月でキャッシングをして借りれるお金が少なくても悲観することはない。収入があげるにつれて借入できるお金は増えていく。増額をこまめに申請すれば借入額は少しずつ増えていくと考えていいだろう。

仕事して3ヶ月でキャッシングできるのか?関連ページ

水商売・風俗嬢でもお金を借りれる
キャバ嬢やホスト、ホステスさんもそうだし水商売は結構多いし、風俗嬢も多いんだ。そんな水商売や風俗嬢はカードローンやキャッシングでお金を借りられるのか?ちょっと気になるだろう。水商売の人がお金を借りる時の注意点などを解説していこう。
20代、30代、40代、50代、シニア世代のお金事情
20代、30代、40代、50代、シニア世代ではそれぞれお金事情が異なってくる。ほかの人たちはどのような理由でお金を借りるのかを調べてみたぞ。
お金を簡単に借入できるの?
お金を借りる時に簡単に借入可能なキャッシングやカードローンはあるのか?簡単に借入が可能な消費者金融について解説。さらに即日や今日中に借入可能なサービスがあるのかを解説しよう。
年金受給者でもお金を借りれる?
年金受給者でもお金を借りることができるのか?気になるところをおっちゃんが解説しよう。年金暮らしでお金が足りなくなることもある。そんな時どうやってお金を借りればいいのかを解説しよう。
公務員はお金を借りれるの?
公務員はお金を借りることができるのか?公務員の場合お金を借りやすいのか、お金を借りにくいのか?借金のことについておっちゃんが解説をしていこう。
専業主婦が借りれるカードローンは?
専業主婦が借りれるカードローンはあるのか?専業主婦で収入がない人には気になるところだろう。そんな疑問をおっちゃんが解説していこう。
即日キャッシング 1時間後
即日でキャッシングをしたいときに1時間後にお金を借りることはできるのか?1時間後にお金を借りるために必要なことをここで解説していこう。
急に現金が足りなくなったら10万円即日融資
急に現金が足りなくなったら10万円くらいを即日融資してほしいと思うものだ。そのために必要なことを伝えていこう。
源泉徴収票なしでお金借りれる
源泉なしでお金を借りられるのか?気になる人もいるだろう。源泉徴収票などの収入証明書の提出なしでお金借りることはできるんだ。そのほう方法を伝えていこう。
女性の即日キャッシングの審査
女性が即日のキャッシング審査をする場合に男性との違いはあるのか?お金を借りタイ女性には気になるところだろう。女性が即日キャッシングするときの審査についておっちゃんが解説をしていこう。
休日に即日でキャッシングする方法
休日に即日でキャッシングをしたい場合もあるだろう。そんな時にどのサービスを利用すると土日や祝日などでもお金を借りやすいのかを解説していこう。どのサービスでもいいと言わけではないんだ。土日や休日の即日融資に強いキャッシングさーぶすがあるんだぞ。
すぐ借りる 限度額はいくらまで
すぐにお金を借りるときに限度額はいくらにするといいのか?即日や今日中にお金を借りることを優先させたいときにいくらの借入だと審査に通りやすいのかを解説していこう。
キャッシングの契約手続きは簡単に済ませよう!
キャッシングが初めての人は契約手続きについて何が必要なのか疑問があるだろう。契約手続きは簡単に済ませたいし、短時間で、早く終わるのがいいはずだ。その希望をかなえる契約手続きの方法をおっちゃんが解説していこう。
借金から抜け出したい
借金から抜け出すことはできるでしょう。でもそれなりの覚悟hが必要です。自分の生活を見直し収入と支出のバランスを取らなければなりません。
年利18パーセントの利息でお金を借りて大丈夫なの?
年利18.0%の金利でアコム、プロミス(17.8%)などのキャッシングでお金を借りた場合に利息はいくら払うのかを知りたい人は多いはず。ここでは、金利18%でお金を借りた場合の利息について解説していきます。シミレーションもできますよ。
【早わかり】 口座振込で即日キャッシングできる銀行口座
即日でお金を借りたいときに口座振込で即日キャッシングできる銀行口座は限られているんだ。プロミス・アイフル・アコム・モビットなど即日融資に対応をしている銀行口座はそれぞれに違う。どの銀行やネットバンクの口座を持っているといいのかを解説していこう。